【ママの体験談】つらい不妊治療の末に、体外受精で2人出産しました

2016/11/02 14:00
つらい不妊治療をやめるきっかけにもできると思い体外受精に挑みましたが、いざ妊娠反応が出たら流産しても諦められない自分がいました。不妊症に不育症までついてきて本当に辛かったですが、なんとかお母さんになることができました。お母さんにしてくれた子供達と夫とお医者さんに感謝の気持ちを忘れないよう日々を過ごしています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊活
妊娠
出産

 

不妊治療は精神的にも経済的にもかなりの負担がかかります。体外受精は最後のステップとして踏ん切りをつける気持ちで挑みましたが、何度か失敗するうちに引っ込みがつかない自分もいました。本当につらい数年間でしたが、無事に2人出産。そのときの体験談をお伝えします。

 

体外受精で一区切りつけようと思った理由

 

不妊治療で自然妊娠は難しそうだとわかってから、体外受精をしてみてダメだったらもう諦められるかもしれない、という思いもありました。

 

タイミング指導や体外受精をするためには、夫婦でよく話し合い、どちらかがつらい思いをするのではなく、一緒に乗り越えていかなければなりません。それでも、私はなかなかそれができなくて、夫に上手く話すこともできず、生理がくるたびに落ち込んで、つらいのは私ばかりだと思ってしまっていました。

 

【関連リンク】
不妊治療を考えている人は知っておこう!2016年度から助成金に「年齢制限」が導入へ
【体験談】不妊治療のステップアップ。受診から体外受精に至るまで

 

体外受精の負担は本当に大きい

 

つらい思いをしながらも、とにかく病院に通いました。お金や精神的にも負担が大きいので、余計にそれがストレスになり、妊娠できないのではないかと不安になる悪循環が続きました。

 

採卵後に受精卵をいくつかつくるのですが、あまりいい結果ではなく、卵は3つしか受精しませんでした。そして1回目の体外受精では、なんとか妊娠反応が出たものの、心拍確認の前に初期流産……。そこからまた検査を重ねて、不育症の診断も出てしまいました。

 

【関連リンク】
不妊治療をしている友人にいつ妊娠を伝えたらいい?
【不妊治療体験談】多嚢胞性卵巣症候群の診断から妊娠までの流れ

 


不育症の診断と体外受精の成功

 

体外受精の2回目は、妊娠反応が出てからすぐに不育症の薬を飲み始めました。出血が続き、怖い思いもした妊娠生活はとても不安ばかりでしたが、元気な赤ちゃんが生まれてきてくれました。

 

そして、凍結した最後の受精卵を2年後に移植、こちらも切迫流産などいろいろと大変なこともありましたが、無事に女の子を産むことができました。体外受精をしなければ、愛しいわが子と出会えなかったのですが、本当につらい数年間でした。

 

 

不妊に悩む方は多く、体外受精がうまくいかない場合もあります。不妊治療はゴールが見えず、つらい思いもします。ただ、私が言えることは、今子どもと生活できていることに感謝して、つらかった日々も乗り越えてきてよかったということです。(TEXT:山田孝子)

 

 


  • 2
  • 0
  • 1
  • 3

既にクリックしています。

  • これから体外受精を考えている皆さん!そこまで辛くないですよ!!確かに注射とか採卵とか、痛いこともありますが、前向きに治療に臨めば大きな問題ではないと思います。どうか「辛いなら辞めておこう」と思わずに、希望を持って進んでください!

    2016/11/07 13:52

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。