英語の才能はお家でも伸びる!あえて英会話学校に通わないという選択

2016/11/06 18:00
日本語がおぼつかない状態で、英会話学校に通い始める子どもたちがいると、ママとしてはつい焦りが出てしまいます。クラスがない時も練習を続けなければ、忘れてしまうのが英会話です。英語力の下地は能力だけでなく、英語があって当たり前の環境を作ることです。母語の日本語を大切にしながら、お金をかけずに英語を楽しめる毎日なら、子どもたちは英語が大好きになるはずです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
節約
知育

 

まだ言葉が出てこないのに、英会話教室に通っているお友だちが増えてきて不安になること……そんなことありますよね。おうちで英語を学ぶ環境を整えれば、習いに行く手間もお金もかからなくなります。ちょっとしたコツをつかめば、英語が大好きでグローバルな感性を持った子どもに育てることができますよ。

 

ネイティブの音とママの語りかけ

 

英語の絵本の読み聞かせは、ネイティブスピーカーの音声で聞かせましょう。英語特有のリズムや音のつながり、抑揚などは日本語にはないものだからです。

 

そして、ママの出番は子どもへの語りかけや、一緒に歌ったりするときです。英語が得意ではないママもひと言からがんばって話しかけてみてくださいね。得意なママは子どもの反応を見ながら語りかけてみましょう。

 

外国のイベントは外国風に楽しむ!

 

日本風にアレンジしたイベントではなく、外国のイベントは100%外国のイメージで楽しんでみるのもおすすめです。壁にたくさんのポストカードを貼ったり、クリスマスならアドベントカレンダーで家族でカウントダウンしてみたり、英語はアメリカやイギリスだけでなく、いくつもの国で話されています。

 

思い切っていろいろな国のイベントをマネして遊んでみてはいかがでしょうか?子どもの感性や心に国境はありません。


英語圏を身近に感じるために!

 

日本語には日本語の、英語には英語の周波数があります。できるだけ小さいうちから英語を聞かせて、英語の周波数を聞き取れる耳を作ってあげましょう。

 

それと同時に、英語圏の文化を身近なものに感じてもらうために、生活にひと工夫してみるのもおすすめ。日本語での思考の干渉にならないように、簡単な英語を日常的に話してみたり、英語の曲や映像を流したりするのもいいですね。

 

 

英会話を習っても、練習を続けなければ忘れてしまいます。お金をかけずに、家族で英語を楽しむ時間を作ってみてはいかがでしょうか?常に英語に触れることで、生活の中に英語がある生活が当たり前に思えるようになり、学校で英語の授業が始まっても、まったく抵抗を感じることなく勉強してくれるようになりますよ。(TEXT:瀬川恵美子)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。