断乳のつらさを子どもと乗り切った!わが子の成長を感じた断乳エピソード

2016/11/11 20:00
2歳の息子に断乳したときの話をご紹介します。かっこいいお兄さんになるためにがんばろうと言い聞かせ、納得させました。今日で最後だよ、と思い切り飲ませた決別の日。おっぱいに顔を描いたバンソウコウを貼って紛らわせました。授乳をやめた胸は張ってしまい、たまに搾乳をしたり冷やしたりして乗り越えました。


子どもが1歳に近付くと、いつごろおっぱいを卒業させようかと考えるママが多いと思います。わが家では、息子が2歳になるころに断乳しました。そのときにうまくいった方法をご紹介します。

 

断乳前日までの準備

 

夫に夜泣きの対応をしてもらうため、先に相談しておき、断乳決行日を連休前日に設定してカレンダーに印をつけました。「断乳すれば食事が増えるから、かっこいいお兄さんになれるよ」と息子に説明し、どうなることやらとドキドキしながらも、いつもどおりの数日を過ごしました。

 

前日には「最後だからたくさん飲んでいいんだよ」と声をかけ、なんだか私自身もさみしい気持ちになりながらも一緒にがんばろうと思いました。

 

変な顔を描いたバンソウコウが活躍!

 

いつものクセでつい授乳してしまいそうだったので、顔の絵を描いたバンソウコウを乳首に貼ることに。どうしても飲みたさそうにグズったときは「今、ママのおっぱい変なんだよ」とバンソウコウを貼ったおっぱいを見せると、キャッキャと笑ってくれました。

 

なるべくたっぷり遊んであげて、気がそれるように過ごしていました。胸が張って痛くなるときは、たまに軽く搾乳したり冷やしたりすると楽になります。


お風呂でもバンソウコウ!

 

バンソウコウ作戦のいいところは、お風呂でも貼っていられることです。子どもにとっては乳首が見えてしまうと、思い出してしまってつらいかもしれません。いつも飲んでいたおっぱいとは別の見た目にしておいて正解です。

 

適度にお茶を飲ませて、水分補給には気を付けるようにしました。搾乳の回数を日々減らしていくと、1カ月後には母乳が少ししか出ないようになっていました。

 

 

子どもが納得してから断乳をスタートしたこととバンソウコウ作戦で、わが家は意外にすんなりと断乳ができました。ごはんをがんばって食べている姿はたくましいお兄さんに見えて、わが子の成長を感じました。(TEXT:斉藤あや)

 


  • 1
  • 2
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。