子どもは体温が高いっていうけれど…何度なら病院へ行く?

2016/11/10 14:00
赤ちゃんの平熱は、36.5℃から37.5℃と大人の平熱より1度ほど高めです。けれども大人と同様、個人差があるので、ふだんから体温を測って平熱を把握しておくことが大切です。ふだんより赤ちゃんの熱が高く、食欲や元気がないようだったら、念のため病院を受診したほうがいいでしょう。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
Q&A
病気・ケガ
体温・平熱
病院
感染症

 

赤ちゃんを抱っこすると、とても温かく感じますよね。基本的に大人より体温が高いのが赤ちゃん。赤ちゃんの平熱っていったい何度なのでしょうか?また、何度以上なら、病院へ行ったほうがいいのかも気になりますよね。

 

今回は、そんな赤ちゃんの平熱や発熱についてお伝えします。

 

赤ちゃんの平熱って何度?

 

生まれて1歳くらいまでの赤ちゃんの平熱は、平均で36.5~37.5℃といわれています。大人と同様、赤ちゃんによって体温には個人差がありますが、一般的に、男の子のほうが女の子より高めのようです。

 

まずは、朝の時間帯などに赤ちゃんの体温を測っておき、ふだんから平熱を把握しておくことが大切です。そうすれば病気による発熱かどうかを見極めることができますよ。

 

このくらいの体温なら様子をみて

 

赤ちゃんの平熱にもよりますが、体温が37.5℃くらいまでであれば、とくに問題はないといわれています。体温が38℃くらいあっても食欲があって元気なら、ブランケットなどのかけるものや服を調節しつつ、しっかり水分補給をして家で様子をみて大丈夫ではないかと私は思っています。

 

また、赤ちゃんは体温調節が苦手なので、体温が36℃以下の場合は低体温になっている可能性があります。そんなときは1枚ほど服を多めに着せてあげて、冷たいものの与えすぎなどに注意しましょう。


こんな体温なら病院へ

 

赤ちゃんの体温が急に38℃を超えたり、食欲がなく、ずっと機嫌が悪い場合は、病院を受診することをおすすめします。

 

また、発疹が出た場合、家族がインフルエンザなどにかかっている場合、息苦しそうな場合や嘔吐が続く場合も、病気にかかっている可能性が高いため、受診するといいと思います。

 

そして、たとえ平熱と変わらない体温だったとしても、ふだんは元気で動き回っているのにじっとしているなど、いつもと様子が違う場合も病院に相談すると安心ですね。

 

 

赤ちゃんの平熱はだいたい36.5℃から37.5℃と高め。微熱でも元気なら、心配する必要はなさそうです。ふだんから赤ちゃんの平熱を把握しつつ、ふだんの様子と見比べて、冷静に対応できたらいいですね。(TEXT:石原みどり)

 


  • 1
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。