赤ちゃんの耳かきにご用心!その耳だれ、かきすぎが原因かも?

2016/11/09 22:00
赤ちゃんのためを思ってやっていたことが、耳だれや外耳炎につながるとはまさか思っていませんでした。お風呂のあとは耳に水が入ってしまうので綿棒でふき取ってあげてくださいと教わったのですが、普通に入れていれば耳に水が入ることはあまりないようです。赤ちゃんの耳はとてもデリケートなので耳掃除をするときは、やさしくやってあげたいですね。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
お風呂
体験談

 

 

赤ちゃんを出産したときに、産院で赤ちゃんのケアを教わりますよね。筆者は「お風呂で耳に水が入ってしまうので、綿棒でふき取ってあげてくださいね」と教わったのですが、わが子が新生児のときに耳掃除をしすぎて耳だれをおこしてしまいました。そのときの体験談をご紹介します。

 

泣き止まない赤ちゃん!原因は外耳炎だった!

 

新生児だったわが子が、ある日突然泣き止まなくなってしまいました。おなかが空く時間ではなく、おむつも濡れていないため、どうしたんだろうと思っていました。ところが、たまたま耳に触れたときに泣き方が激しくなったんです。

 

よく見ると耳だれもおこしていました。もしやと思って耳鼻科を受診してみると、医師による診断は外耳炎でした。

 

外耳炎の原因は耳掃除のしすぎ?

 

医師に「耳かきをしすぎていないですか?」と聞かれて、はっとしました。お風呂後の耳掃除を強くやりすぎていたようです。

 

お風呂に入れたあとに耳に入った水を取るために、綿棒で耳掃除をしてくださいと産院で教わり、毎日お風呂のあとには綿棒で掃除していたのですが、力が入りすぎていました。

 

毎日の耳掃除のせいで徐々に耳だれもおこしていたのですが、黄色くなる綿棒を見て耳が汚れていると思ってしまっていたんです。


やさしく水気ををふきとるくらいに!

 

医師に言われたのが、新生児をお風呂に入れるときに普通に入れていれば、耳に水はそんなに入らないので、毎日は耳掃除しなくてもいいということ。耳掃除をするときは力をいれずにちょんちょんとやさしくしてあげてね、とのことでした。

 

私はいつの間にか力が入りすぎていたようで、わが子に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。その後、耳鼻科でもらった薬でわが子の耳はすぐによくなりました。

 

 

私のせいでわが子を外耳炎にしてしまい、とても反省しました。大人でも耳掃除は月に2回程度でもいいといわれているそうです。赤ちゃんの耳はデリケートなので傷付けないようにやさしくケアしてあげたいですね。(TEXT:中西たま)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。