はがきで出産のよろこびを伝えよう!出産報告のはがきの書き方とポイント

2016/11/07 21:00
出産報告は、家族や親しい友人には電話やメールで伝えますが、電話するほど親しくはないけれど報告が必要な人へは「はがき」を利用するのがいちばんです。はがきはPCで手作りしてもOK、余裕がなければ写真屋さんなどでも印刷を頼めますよ。赤ちゃんの生まれた季節によっては、年賀状や暑中見舞いを赤ちゃんの写真付きはがきにして、報告するのもおすすめです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
出産報告

 

出産報告は、家族や親しい友人には電話やメールで伝えますが、電話するほど親しくはないけれど報告が必要な人へは「はがき」を利用するのがいちばんです。

 

赤ちゃんの写真と簡単なメッセージを添えて送りましょう。出産報告はがきの作成ポイントについてお伝えします。

 

遠い親戚や知人には、はがきを送ろう!

 

近しい家族や友人は、「無事に赤ちゃんが生まれた」という報告を首を長くして待っています。はがきではなく直接お知らせした方がよろこばれるので、電話やメールでなるべく早く無事出産を伝えましょう。

 

一方、なかなか会えない親戚やお世話になった知人などへは写真付きのはがきを送り、出産報告をするのがおすすめです。はがきはPCで手作りしてもOK、余裕がなければ写真屋さんなどでも印刷を頼めますよ。

 

はがきの内容で気を付けたいこと

 

赤ちゃんの名前とフリガナ、性別、生年月日は必ずはがきに載せましましょう。生まれたときの身長・体重を伝えるのもいいですね。

 

また、写真は赤ちゃんひとりか、家族写真にするなら家族全員が写っている写真にしましょう。パパがカメラマンになって写真を撮ると、パパが写真に入れませんよね。

 

パパが写真に入っていないことで、親戚や友人が「何か事情があるのではないか」と勘違いをする可能性もなきにしもあらずです。赤ちゃん以外の家族が写真に入る場合は全員が写っている写真だとベターです。


季節によっては年賀状や暑中見舞いで!

 

赤ちゃんの生まれた季節によっては、年賀状や暑中見舞いを赤ちゃんの写真付きはがきにして、報告するのもおすすめです。

 

とくに初めての出産では「出産報告はがき」「年賀はがき」と分けて、いちいち作っていられないほどママは育児に手一杯になります。わが家でも年賀状を赤ちゃんの写真付き年賀状にして新年のご挨拶と出産報告を同時にしましたが、ダブルでおめでたいことなので多くの知人・友人にお祝いしてもらうことができました。

 

 

赤ちゃんが生まれたよろこびは多くの人に知ってほしいところですが、全員に電話やメールで連絡を取るのは産後は時間的に難しいですよね。はがきをうまく活用して、赤ちゃんを無事に出産したよろこびをみなさんに知らせましょうね。(TEXT:伊川遥)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。