【育児のQ&A】二次乳糖不耐症が治りません

2015/12/04 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
下痢
1歳

 

赤ちゃんの下痢がなかなか止まらない…。

ネットで同じ病気の症例を調べてみても、自分の子より長引いている子がいない…。

不安が募りますね。

下痢が長引いてしましまった場合、入院させるべきなのでしょうか。

 

 

Q. 二次乳糖不耐症が治りません

2か月前にO-25にかかった8か月の赤ちゃんがいます。

現在1歳なりたてです。

O-25は検査で治っていますが、全く下痢が治りません。

体重は増えもせず、減りもせずです。

完全ミルクです。二週間前にノンラクトミルクに替えました。ビォフェルミンとツムラの漢方を飲んでます。1日に2〜3回下痢をします。

何軒かの病院に行きましたが、「長引くよー」くらいにしか、言われず、心配です。

入院させるべきなのでしょうか。

ネットで調べましたが2か月以上続いた人などはおらず、ノンラクトで治ったというような記事ばかりで、調べては落ち込みます。

どうしたら良いのでしょうか。

 

 

 

A.気長にフォローしましょう

小児科の格言(パールと言います)に、「こどもを治療せよ、便を治療するな」というのがあります。確かに腸炎や抗生物質を使用した後、軟便や下痢が長く続くことをときどき経験します。腸はデリケートなのですね。

このような場合、こどもの機嫌、発達・発育の問題の有無が参考になります。下痢が続いていても便の量が多くなく、哺乳や食欲も良好で機嫌もいいし、体重の増えも良ければ経過観察してはどうでしょうか?外来でも気長にフォローしていくと、自然によくなることが多いです。(回答/松井潔先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。