【ママの体験談】息子がNICUに入院!実際に入院や治療にかかった費用

2016/11/17 13:00
未熟児養育医療制度は、一定の基準はありますが、2,000g以下で生まれ、医師がとくに入院養育が必要と認めた赤ちゃんに適用されるそうです。世帯の収入によって一部負担の場合がありますが、入院や治療費、食事代金が公費負担になります。私の息子が約1カ月半NICUに入院し、実際に支払った金額ですが、おむつ代などの19,680円で済みました。
カテゴリ│
制度・支援
中カテゴリ:
体験談

 

新生児に特化した専用の集中治療室であるNICU。出産に関する制度はたくさんありますが、わが子が「NICU」に入院するというときに、知っておきたい赤ちゃんを支援する制度があります。

 

そこで今回は、実際に助成を受けて、息子が入院したときに私が支払った費用をお伝えしたいと思います。

 

息子がNICUに入院することになった理由

私の息子は、妊娠32週のときに緊急帝王切開で生まれてきました。出産時の週数も少なく、体重も1,800gほどと小さいので、NICUに入院して養育する必要がありました。


NICUでは、24時間体制で医師や看護師がケアしてくれます。チューブで母乳を飲ませたり、使用済みのおむつの重さで飲んだ量をはかったりと、私がいない間はすべて看護師さんが記録をしてくれていました。

 

未熟児養育医療制度と乳幼児医療費助成制度

未熟児養育医療制度は、一定の基準はありますが、2,000g以下で生まれ、医師がとくに入院養育が必要と認めた赤ちゃんに適用されるそうです。世帯の収入によって一部負担の場合がありますが、未熟児養育医療制度によって入院や治療費、食事代金が公費負担になると説明を受けました。


一方、自治体が助成してくれる乳幼児医療費助成制度は、食事代金は助成してもらえないそうで、未熟児養育医療制度で助成してもらって一部負担になった分を自治体に申請し、助成してもらってくださいと言われました。


 

NICUに入院して実際に支払った金額

私の息子がNICUに入院した期間は約1カ月半です。未熟児養育医療費の自己負担金は66,870円、入院中のおむつ代などの自費分が19,680円となり、請求されました。

 

ただ、未熟児養育医療費の自己負担金66,870円は、のちほど市に申請して乳幼児医療費助成制度で助成してもらえたので、実際はおむつ代などの19,680円で済みました。しかし、乳幼児医療費助成制度は、自治体によっては所得制限があって適用されない場合もあるそうなので事前にきちんと確認したいですね。

 

 

出産をして赤ちゃんがNICUに入院することになったら、それだけでもとても心配なのに、入院費が高額になるかと思うと頭が痛くなりますよね。お金の面に関しては、私も活用した、この2つの助成制度を知っておくと少しは安心できますよ。(TEXT:藤川智子)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

制度・支援の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。