子どもの就寝時間が遅い!睡眠リズムを見直すためにわが家で行ったこと

2016/11/18 18:00
1~3歳児に必要な睡眠時間はお昼寝も含めて約12~14時間ほど。となると、朝6時に起床すると夜8時ごろには眠たくなる計算になります。夜の寝つきが悪い場合は、お昼寝をさせないのも方法のひとつだと感じました。お昼寝をしても夜にぐっすり眠る場合は、お昼寝がまだ必要だと思います。ママがお昼寝卒業のタイミングを見極めるのも大切ですね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
育児あるある

 

子どもの就寝時間は何時ですか?寝る時間が遅くて悩んでいるママも少なくありません。寝る時間が遅いと、当然起きる時間は遅くなりますよね。わが子も1~2歳ごろは、夜10時を過ぎても寝ない日が多々ありました。そこで今回は、睡眠リズムを見直すためにわが家で行ったことをお伝えします。

 

毎朝決まった時間に起こす!

 

当時1歳だったわが子。起床時間は朝9時過ぎ、就寝時間は夜10時ごろでした。悪循環を防ぐため、思い切って毎朝6時台に起こすようにしました。1~3歳児に必要な睡眠時間はお昼寝も含めて約12~14時間ほど。となると、朝6時に起床すると夜8時ごろには眠くなる計算になります。果たしてどうなるのかとドキドキしていました。

 

すると、初日から大成功でした。いつもなら寝室で遊びまわるはずの子どもが布団の上でジッとして夜8時には就寝してくれました。

 

夜型生活から朝型の生活へ

 

以前は夕方5時ごろまでお昼寝がずれ込むことがあったのですが、昼食を食べるとすぐに眠るようになりました。そして、遅くとも午後3時には起こすように。早起きをすることでお昼寝の時間が前倒しされるだけでなく、おやつや昼食の時間も1時間ほど早まりました。

 

それが夕飯やお風呂時間にも影響していき、夜型の生活から朝型の生活へと変わっていったんです。生活リズムが整うってこのことだなと実感しました。


2歳に入ったらお昼寝は不要?

 

わが子が2歳のとき、1日に2時間のお昼寝をさせていました。それが影響したのか、夜9時を過ぎても寝ない日が続くようになりました。「そろそろ体力がついてきたのかもしれない」と考えて、思いきってお昼寝をやめてみると、夜8時には就寝してくれました。

 

夜の寝つきが悪い場合は、お昼寝をさせないのも方法のひとつだと感じました。お昼寝をしても夜にぐっすり眠る場合は、お昼寝がまだ必要だと思います。こうしてママがお昼寝卒業のタイミングを見極めることも大切ですね。

 

 

就寝時間が遅い子どもは睡眠不足になりやすく、日中の活動量が減るともいわれています。とくに1~3歳の幼児期は自律神経のベースが作られる大切な時期。少しずつ生活リズムを朝型に変えていけるといいですね。(TEXT:田中由惟)

 


  • 10
  • 3
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。