原因不明のアレルギー!肌の弱い息子がかかったアレルギーの原因とは?

2016/11/20 19:00
もともと肌の弱い息子。なぜか実家に行ったときに限って顔中に赤い虫刺されのような湿疹ができるようになってしまいました。実家にあって、家にないものは?と必死で考えました。それは犬でした。年齢が進むにつれ、この症状は軽くなっていき、今では実家に行ってもまったく湿疹は出なくなり、ことなきを得ています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ

 

もともと肌の弱い息子。生まれて2カ月くらいのときは、乳児湿疹がひどくなりなかなか治らず苦労しました。その後、乳児湿疹はきれいによくなりましたが、なぜか実家に行ったときに限って、顔中に赤い虫刺されのような湿疹ができるようになってしまいました。

 

まさかのアレルギー発覚!原因はなに?

最初はどうしてだかまったくわかりませんでした。ただ、実家に行くと、必ず着いてから1時間ほど経つと顔が赤くなりだし、どんどんひどくなっていったのです。なので、実家にゆっくりすることさえ難しくなってしまいました。

 

何かにアレルギーを起こしていることは確かでした。実家にあって、家にないものは?と必死で考えました。ハウスダストなのか?それとも新築ゆえのシックハウス症候群なのか?

 

友達のお家に遊びに行ったときにも?

友達のお家にバーベキューにお呼ばれしたときです。そのときは野外でしたが、歓談して楽しんでいると、またしても赤いポツポツが顔に現れて息子がグズり始めました。「え?これって実家に行ったときの症状じゃないの?」と思いましたが、場所は外です。お友達が飼っているダックスフンドも心配そう。

 

そのときに「ん?これはまさか……。」と、私の中でやっと原因が紐付いたのです。それは犬でした。実家にはシーズーがいます。息子は犬アレルギーだと判明したのです。


犬アレルギーだった息子

 

実家とお友達のところに行ったときにだけ出るこのポツポツ。症状は軽いのでとくに何もしませんでした。そして年齢が進むにつれ、この症状は軽くなっていき、今では実家に行ってもまったく湿疹は出なくなり、ことなきを得ています。

 

毎週のように実家には行っていたので、減感作療法(アレルゲンを少しずつ体内に入れて慣らす方法)を自然に行えていたのだと思います。息子の場合は症状が軽かったので減感作療法で改善できたのかもしれません。

 

 

アレルギーには段階があります。ひどいときには死に至るアナフィラキシーというものもあるため楽観視はできません。ただ、軽いものだと月齢が上がるごとに治ることもあります。お子さんにあった対処をしてあげてくださいね。(TEXT:荒津 綾子)

 


  • 4
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。