【体験談】陣痛って便秘みたい?出そうなのは便ではなく赤ちゃんだった!

2016/11/20 08:00
便秘のときのようなおなかの痛みがあり、健診の結果、便秘による痛みではなく陣痛だったようで、そのまま入院ということになりました。入院することになってからも、陣痛室とトイレを行ったり来たり。子宮口全開になってからも「最後にトイレに行っていいですか?」と聞く私に、助産師さんは「出そうなのは便ではなく赤ちゃんです」と困った様子でした。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
出産
陣痛

 

 

陣痛の痛みは「鼻からスイカが出るくらいの痛み」など、今までに経験したことのないような痛みだといろいろな表現がされていますよね。ところが、私は最初から最後まで「便秘によるおなかの痛み」のようだと感じていました。とても痛かったけど、ちょっと笑える私の出産エピソードです。

 

出そうで出ない!

 

その日は、朝からなんだかおなかがすっきりせず、何かがおなかに詰まっているような感覚でした。便秘気味なのかな?と思い、トイレを行ったり来たりしていました。

 

その日はちょうど定期健診の日だったので、おなかが痛いと思いながらも「診察のときに言えばいいかな?」と、病院へ行く前に軽くカフェで朝食を食べてから病院に向かいました。

 

その痛み、便秘痛ではなく陣痛!

 

病院に着いて待合室で待っている間も、おなかの痛みがあり、待合室とトイレを行き来きするもののまったく出ない!おなかの痛みはどんどん増すばかりでした。

 

診察の結果、それは便秘による痛みではなく陣痛だったようで、そのまま入院ということになりました。主人に入院することになった旨を連絡すると、「えっ?便秘じゃなかったの?」と笑われてしまいました。


分娩台の上でも便秘!?

 

入院することになってからも、陣痛室とトイレを行ったり来たり。助産師さんには「あまりトイレで踏ん張らないでくださいね」と言われる始末でした。子宮口全開なので分娩室へ、と言われても「最後にトイレに行っていいですか?なんか出そうなんです」と聞く私。

 

そんな私に助産師さんは「出そうなのは便ではなく赤ちゃんです。だから、早く分娩台に乗ってください」と言って困った様子でした。さらには分娩台の上でも「なんか出そうなんか出そう」と、最後の最後までトイレを要求していた私でした。

 

 

私の陣痛は最初から最後まで、便秘としか思えないほどトイレに行きたくなってしまいました。陣痛の痛みは人それぞれだと聞きますが、こんな笑える陣痛もあるんですね。(TEXT:村上八重美)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。