【お片付けができる子に!】お片付けの習慣を身につける3つのポイント

2016/11/18 13:00
おもちゃが多すぎると、何から片付ければいいのか混乱するもの。そこで子どもがお片付けしやすい量に減らしてみることにしました。またお片付けを遊びの延長として取り入れてみるのも。さらにわが家では部屋がおもちゃで散らかっていると食事ができないルールになっています。家庭なりのお片付けのルールを決めることもポイントです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
収納
生活習慣
体験談

 

何度片付けても散らかるおもちゃ。わが家では2歳の娘に「お片付けをしなさい」と言っても、娘はなかなか行動に移せずにいました。

 

ママが片付けるのもひと苦労です。子どもがひとりでお片付けできるようになると助かりますよね。今回はわが家で実践している、お片付けの習慣を身に付ける3つのポイントをご紹介します。

 

1.おもちゃの数を減らす!

 

どうすればお片付けしやすくなるのか考えたところ、まず行ったのが「おもちゃを減らすこと」でした。おもちゃが多すぎると、何から片付ければいいのか混乱すると思ったからです。

 

まずは、子どもがお片付けしやすい量に減らしてみることにしました。使わないおもちゃはクローゼットにしまい、お気に入りのおもちゃだけを厳選。また、種類ごとに分けておもちゃを収納しました。ゴチャゴチャしていたおもちゃ置き場もスッキリ。

 

2.遊びの延長としてお片付けを促す!

 

ママがお手本を示すと、子どももお片付けをするようになる。そう思っていたのですが、現実は違いました。お片付けをする姿を見せるものの一緒にしようとしません。そこで、お片付けを遊びの延長として取り入れてみることに。

 

たとえば「ママとお片付けの競争!」と言って子どもを誘い出します。するとお片付けを楽しんでしてくれることも。子どもが持ち運びしやすいカゴを使うと、お片付けもしやすいようでした。


3.お片付けのルールを決める

 

わが家では、部屋がおもちゃで散らかっていると食事ができないルールになっています。おもちゃが散らかったままだと好きなおやつが食べられない。そのことから、わが子は必死でおもちゃを片付けるようになりました。

 

部屋をきれいにしてから食事をする習慣を身につけるきっかけにも。こうした家庭なりのお片付けのルールを決めることもポイントだと思いました。

 

 

お片付けをしたあとに「子どもを褒めてあげること」も忘れたくないですね。あれこれしなさい!だけでは子どもの意欲は芽生えないもの。「すごい!よくできたね!」と褒めることで子どもの自信になり、次回に繋がっていくと思います。(TEXT:田中由惟)

 


  • 2
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。