【体験談】心配になる赤ちゃんのアトピー、こうやって改善しました!

2016/11/15 18:00
我が子のアトピーに対して効果のあった改善方法をご紹介します。洗濯洗剤を100%せっけんに変えたところ、広範囲の赤味は日に日に改善。また、ドクダミを煎じて塗布してみたのですが、効果は抜群!ドクダミの葉っぱをお風呂に入れたドクダミ風呂は、成分が体全体に浸透していくので、その後の肌トラブルも事前に防いでくれます。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
アトピー性皮膚炎

 

わが子がアトピー肌というと、食事や服の素材、ふだん使いの医薬品……と、いろいろなことに気を使います。さらにアトピーといっても、その子によって合うもの合わないものが異なります。

 

今回はその一例として、筆者の息子に効果のあったアトピー改善方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

洗剤を変えよう!洗濯せっけんのすすめ

 

息子の肌荒れは、おもに頬やあご部分とひじの裏などの関節部でしたが、おなかや背中にもふつふつとした赤みが見られました。

 

服の当たる箇所の肌荒れには洗剤が関係している場合が多いと聞き、洗濯洗剤を100%せっけんに変えたところ、広範囲の赤味は日に日に改善。100%せっけんの洗濯洗剤は平気でしたが、無添加とうたわれている洗濯用洗剤でも、肌の弱いアトピー体質の息子には刺激が強かったようでした。

 

消毒には自然の力!ドクダミ茶でトラブル改善

 

いちばん症状がひどかったのは頬とあご部分。乳児湿疹が出たあとからは常にじくじくとして、痛々しいばかりでした。

 

ドクダミには傷を修復させる力や消毒効果があると聞き、私自身がアトピー体質で幼いころから煎じて飲んでいた経験から、息子にも塗布してみたところ効果は抜群!

 

汚れはガーゼなどで拭き、その後にドクダミを煮出したものをガーゼで塗りました。

すぐにではないけれど、少しずつ赤みが収まり、傷になっていたところも治っていきました。


肌の保護にも!ドクダミ風呂

 

ドクダミは、肌の修復だけでなく保護にも役立ちます。ドクダミの葉っぱをお風呂に入れたドクダミ風呂は、成分が体全体に浸透していくので、その後の肌トラブルも事前に防いでくれます。

 

息子の肌に合うかわからない薬を塗るのが怖かった私は、あせもが出てしまったときなどにもドクダミ風呂をしましたが、これはすぐに効果が出ました。強い薬の使えない赤ちゃんにもってこいなのはもちろんのこと、ドクダミにはデトックス効果もあるので、ママの肌にもおすすめです。

 

 

赤ちゃんの肌に刺激は禁物。それはアトピーの子もそうでない子も同じように気を付けてあげたいことですよね。わが子の肌に合うものや逆にNGなものを把握して、これからの乾燥の季節も快適に過ごさせてあげましょう!(TEXT:里川まちこ)

 


  • 1
  • 0
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。