【体験談】わが子の消えないアザは蒙古斑?診断の結果と治療内容

2016/11/23 13:00
娘のアザは診断の結果、異所性蒙古斑でした。自然に消える可能性は低いので、アザの部分にクリーム麻酔を塗り、レーザー照射していく治療。蒙古斑ができる部位によって、または種類によっては、細胞増殖する物も存在するそうです。自己判断せず、気になったら早めに病院で診てもらいましょう。治療内容によっては月齢が小さいうちに始めた方がいい場合もあります。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ

 

生まれつき、背中全体とこめかみにアザがあった、わが家の娘。蒙古斑だとすると、赤ちゃんのうちだけで自然に消えると思っていました。しかし、かかりつけの先生に「一度大きな病院で診てもらった方がいい」と言われて驚きました。

 

全然気にならなかった「顔のアザ」

 

わが家の娘は、生まれつき背中全体とこめかみにアザがありましたが、これは蒙古斑でそのうち消えるだろうと思っていました。こめかみのアザは見える部分なので、初めて会う人には必ず「ぶつけたの?」とよく聞かれましたが、とくに気にしていませんでした。

 

ある日、小児科の先生から「こめかみにアザあった?一度大きな病院で診てもらった方がいい」と言われて驚きました。毎日見ている私は気にならなかったのですが、日に日に濃くなっていたようでした。

 

異所性蒙古斑でレーザー治療

 

診断の結果、異所性蒙古斑と診断されました。自然に消える可能性は低いので、アザの部分にクリーム麻酔を塗り、レーザー照射していく治療をしました。

 

わが子は生後7カ月から3カ月に一度治療をして、1年後にはきれいにアザが消えました。最初のころはクリーム麻酔に違和感を感じながらも、状況もあまりわからない状態での治療でしたが、1歳半ごろにはクリーム麻酔も治療で押さえつけられるのも嫌だと大暴れをしていました。


背中のアザは様子見

 

背中のアザは濃い部分があるものの広範囲になるため、背中全体の治療となると入院が必要なので、先生からは「まずは濃い部分のみレーザー治療をして、あとは成長とともに皮膚が伸びて気にならなくなると思うので様子を見てみましょう」と言われました。

 

4歳になった今も全体的にアザがあるのがわかりますが、今後どうするか病院と相談していきたいと思っています。

 

 

ただの蒙古斑だと思っても、気になるアザがあるなら早めに病院で診断してもらう方がいいと思います。レーザー治療前後は、日焼けが厳禁のため、小さい月齢から治療を開始すると親の負担も楽だと思います。(TEXT:村上八重美)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。