【風邪かと思ったら乳腺炎でした】 現役ママの初めての乳腺炎エピソード

2016/11/23 20:00
無事出産退院し、3日目の朝のこと。悪寒がして熱っぽく、体温を測ると38℃超え!すぐに受診し、受けた診断は「乳腺炎」でした。「乳腺炎」と診断された後は、おっぱいマッサージを受けました。そして、「赤ちゃんに色々な角度で飲んでもらうと詰まりが取れる角度が見つかる」とアドバイスを受け、角度を試しながら授乳に挑戦しました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
産後
病院
乳腺炎

 

乳腺炎になった人は分かると思いますが、正直に言ってかなりツライです。おっぱいの痛みはもちろん、発熱や倦怠感、赤ちゃんもそんなママの様子にグズグズで抱っこや寝かしつけもひと苦労。そんな乳腺炎に初めてなってしまった私の体験談を聞いてください。

 

退院から3日後、風邪を引いたかも!?

 

無事出産退院し、自分の実家で赤ちゃんと過ごしていた、3日目の朝のこと。悪寒がして熱っぽく、体温を測ると38℃超え!赤ちゃんがいるのに風邪を引いてしまったのかと焦り、産院へ電話。「すぐに受診してください」とのことで急いで産院へ。

 

そこで受けた診断は「乳腺炎」でした。乳腺炎という言葉は知っていましたが、症状などくわしく知らなかった私は、「これが乳腺炎か!」とビックリしました。

 

乳腺炎と診断されて

 

「乳腺炎」と診断されたあとは、おっぱいマッサージを受けました。おっぱいのしこりを重点的にほぐし、たまっているおっぱいを外に出してもらいます。

 

私の場合は乳腺が細く、詰まりやすいと言われました。悪寒や倦怠感はまだ続いていて、おっぱいマッサージも痛いので、ちょっと泣きそうに……。「明日も来てください」と言われて葛根湯を処方され、それから1週間産院に通いました。


乳腺炎解消の授乳法

 

「赤ちゃんにいろいろな角度で飲んでもらうと、詰まりが取れる角度が見つかる」とアドバイスを受け、角度を試しながら授乳に挑戦しました。乳腺炎で詰まってしまった母乳はドロドロで黄色っぽく味もよくないようで、赤ちゃんも飲みづらそうで私も悲しい気分に……。

 

しかし、詰まりやすい場所を解消する角度を発見してからは、しこりができるとすぐにその角度で重点的に飲んでもらい、悪化する前に解消できるようになりました。

 

 

そのほかにも、詰まりやすいドロドロおっぱいにならないよう、脂肪分やカロリーの高い食事をやめたり、水分を多めに取ったりし、なんとか乗り切ることができました。 乳腺炎にはストレスも大敵なので、時には周囲の人を頼って、楽しい母乳生活を送ることも大切ですよ。(TEXT:千倉美波)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。