赤ちゃんの鼻づまりに効く?ヴェポラップを〇〇に塗る&スライスたまねぎ

2016/11/25 20:00
ワセリンは、鼻の下や口もとに塗るだけで湿気を与えてくれるので少し楽になります。「足の裏にヴィックスヴェポラップを塗る」はよく効きました。6カ月までの赤ちゃんの鼻かぜにヴィックスヴェポラップはNGです。そこで「スライス玉ねぎを枕もとに置く」作戦に挑戦しました。かなり効きましたが、においが布団につくので奥の手で実行するといいですよ。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
風邪予防

 

赤ちゃんが鼻づまりで眠れないと、かわいそうで心配になります。ママも一緒に寝不足になってつらいですよね。

 

鼻づまりは小児科や耳鼻科で処置してもらうのがいちばん有効ですが、手軽に自宅でできる民間療法も試してみました。わが家で実践した赤ちゃんの鼻づまり解消法をお伝えします。

 

ワセリンで保湿!部屋の湿度も上げる

 

「ベビーワセリン」は、香料や着色料などが入っていないので、赤ちゃんにも安心して使えます。鼻の下や口もとに塗るだけで、鼻や口の周りに湿気を与えてくれるので、赤ちゃんの鼻づまりも少し楽になりますよ。

 

舞い上がるホコリを吸い込むと粘膜の刺激になり、咳が出ることも。それが鼻の下や口もとに塗ったワセリンに付くことで侵入も防いでくれるようです。濡れタオルを干すなどして、部屋の湿度も上げておくことも大切です。

 

足の裏にヴィックスヴェポラップを塗る

 

最近ちまたで話題の”足の裏に「ヴィックスヴェポラップ」を塗る”というのはイギリスでは主流の使い方とのこと。生後6カ月から使用可能だそうです。実はこれ、効く理由がはっきりわかっていないというのが不思議なところなのですが、わが家でも早速やってみました。

 

足の裏に塗ると少しベタつきましたが、そのまま寝かせてみたら、不思議と朝までスースー寝てくれたのでびっくりです。わが子の鼻づまりにはよく効きました。靴下を履かせれば布団にヴェポラップのにおいがつかなくて済みますよ。


スライス玉ねぎを枕もとに置く

 

6カ月までの赤ちゃんの鼻かぜにヴィックスヴェポラップはNGです。そこで「スライス玉ねぎを枕もとに置く」という作戦に挑戦しました。涙が出そうなにおいに効果を期待し、部屋を閉めきって充満させました。

 

わが子の鼻づまりにはかなり効きましたが、においが布団につくので、奥の手で実行するといいかもしれません。起きているときは目にしみるので、赤ちゃんが寝ているときがねらい目です。

 

 

わが子の風邪は、油断していると看病してるママにもうつってしまうため、早めのケアが大切ですね。わが子が鼻かぜになったら、自宅でできるケアも活用しつつ、こまめに耳鼻科で鼻水を吸い取ってもらうといいですね。(TEXT:斉藤あや)

 


  • 3
  • 3
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。