【北欧在住ママの食卓】寒い季節に家族で食べたい!あったか野菜スープ

2016/11/27 13:00
冷えが天敵の女性の体。寒い冬を元気に乗り切るために、温かいスープで体の中から温めましょう。野菜をざっくり大きめに切って、鶏肉と一緒に煮込むだけの簡単メニュー。皮と骨つきの鶏肉を一緒に煮込めば、コラーゲンたっぷりで美容にも良いですよ。寒い季節に家族そろって暖かいものを食べるって幸せですよね。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
作り方
コツ・ヒント
料理
おすすめ

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは。私は日本で出産し、その後フランスに数年間在住、現在は北欧で子育てをしています。今回は、寒い冬に食べたい、旬の野菜を使ったコラーゲンたっぷりのスープのおすすめです。北欧の旬の野菜もご紹介します。

 

寒い北欧の冬に食べたいスープ

 

寒い北欧の冬、最高気温もマイナスの日が続きます。そろそろ、外で雪遊びを思い切り楽しんだ子どもが帰宅する時間です。そんな寒い季節に家族で食べたいのが、ブイヨンで煮込んだ野菜のスープです。

 

骨と皮付きの鶏肉を入れればコクのあるダシが出て、コラーゲンもたっぷり。 ママの美容にもおすすめのメニューです。野菜は冷蔵庫にあるもので大丈夫。冬に旬を迎える根菜類もたくさん入れて季節感のあるスープにしたいですね。

 

しょうがパウダーでポカポカに

 

味付けはお好みのブイヨンと塩胡椒でシンプルに。ことこと煮込んだ鶏肉は、ブイヨンがたっぷりしみ込んでほろほろと柔らかくなるので、子どももたくさん食べてくれます。

 

野菜を切って煮込むだけの簡単メニューなので、忙しいママもうれしいですね。寒い季節に冷えが気になるママは、盛り付けたあとに自分の器にだけ少量のしょうがパウダーを加えてみてください。しょうがの風味がいいアクセントになって、ポカポカ温まりますよ。


北欧の大きなカブ

 

スープに入れるとおいしい、北欧の野菜をご紹介します。「コールロット」と呼ばれる大きなカブの仲間です。このコールロット、大きいものだとひとつ2㎏近いものも。

 

小さめの方が、煮込んだときにやわらかくなっておいしいです。中は黄色く、加熱するとホクホクでやさしい食感になります。現地では主に茹でてピューレ状に潰したものを肉料理のつけ合わせにするのが一般的。我が家では甘酢漬けにも大活躍の野菜です。

 

 

寒い季節に家族で食べたい、あったかスープをご紹介しました。野菜も鶏肉もやわらかいので、キッズにも食べやすいメニューです。薄味に仕上げれば、野菜の持つ自然の甘みが感じられますよ。(TEXT:会津ちよこ)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。