わが子のテンションも上がる!1歳以降のベビーにはリュックがおすすめ!

2016/12/01 14:00
自分の持ち物を持って歩けるリュックを与えたらガゼン張り切っていた1歳の息子。役割があるとテンションが上がるのですね。1歳はおやつなどの軽いもの、1歳半はお出かけに必需品の着替え、2歳になると、自分で持っていくおもちゃを選んで詰め込んでいました。着替えやタオルを持ってもらうとママの荷物が減って助かります。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
子供用品・キッズグッズ

 

 

赤ちゃん連れのママは荷物が多くて大変です。歩き方がしっかりしてきたらちょっとずつ持ってもらいましょう。わが家では1歳のお祝いのときの「一升餅」を入れた小さいリュックが役に立ちました。お餅とリュックのセットを売っているお店もあるので探してみてくださいね。

 

歩き始めたらリュックサック

 

私の息子は10カ月から歩き始めて、本当に活発で元気いっぱいです。1歳のお出かけのときにおやつを持って出かけようと思い、ベビーリュックに詰めてあげたらよろこんでいました。

 

まだ重いものはふらつきそうで危ないので、軽いおもちゃやおやつだけですが、とってもごきげん!バッグを手に持たせると転んだときに危ないですが、リュックなら手が空くので持たせやすいです。

 

走れるようになったら荷物持ち

 

1歳半のころは、着替えやお弁当などのちょっと重くてもリュックなら持って歩いてくれたので助かりました。少し大きいリュックをあげたら「お兄さんみたいでかっこいいね」と自分で言っていましたよ。

 

自分の役割があるというのは、自信とやる気につながっていると感じました。イヤイヤ期の前、何でも吸収してくれる時期ですから、トイレトレーニングやいろんなことをやらせてみるといいと思います。

 


2歳になってもリュックは必須

 

2歳になったらリュックの中身を出したり入れたり、おもちゃを自分で詰め込んでパンパンにしていました。詰め込んだせいで壊れたおもちゃを見て泣き出し、その後は少なめになった様子です。

 

親バカですが、自分で失敗してイライラしながらも工夫している姿がたくましく感じました。このころになると、紙おむつもいらなくなったので、ママのバッグがひと回り小さくなり、とってもうれしかったです。

 

 

頭が大きくて転びやすい赤ちゃんですから、リュックを背負っているせいで事故に合うことがないようにしっかり見守ってあげてくださいね。ママの荷物が軽くなったら、気持ちも軽くなりましたよ。(TEXT:斉藤あや)


  • 3
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。