体力がないなら知性で勝負!「40代は母乳が出ない」に負けないで

2015/11/24 12:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

こんにちは。助産院ばぶばぶ院長HISAKOです。晩婚化や女性の社会進出から高齢での妊娠出産もめずらしくなくなりました。今日は高齢出産の母乳育児についてお話しします。

 

40代は母乳がでない?

40代になると「高齢出産は母乳が出ない」と信じ切って、最初から母乳育児を諦めようとするママがいます。でもわたしの経験上、40代だと母乳育児が難しいということは、感じたことがありません。母乳は年齢関係なく吸わせれば吸わせるほど出るようになります。

 

母乳育児率が低い理由とは

そもそも妊娠を継続でき、無事に出産できたということは、そのあとにつながる母乳育児もやっていける身体だということ。「高齢出産は母乳保育達成率が低い」という風潮、高齢ママは仕事をされてきた人が多く、職場復帰することが多いために、やむなく粉ミルク率が高いのが要因のひとつになっている気がします。

 

ほかにも、母乳育児の立ち上がりが悪くなりやすい条件として、年齢が上がるとともに帝王切開率が高くなることが挙げられると思います。産院にもよりますが、帝王切開の場合に母乳より先にミルクを与えてしまい、赤ちゃんがおっぱいの吸い方と哺乳瓶の吸い方の違いを混同、うまく母乳を飲めなくなってしまうことがあります。

 

そして個人差はあるけれど、肩こりや冷え性など基礎代謝が落ち、血行が悪くなって若い頃に比べると身体の不調が出てきやすくなるのが40代です。体力は明らかに20代より落ちてくるから、頻回授乳が体力的にキツいというようなことが母乳分泌に影響する要因にはなるかもしれません。

 

40代でも母乳育児はできる!

このように、高齢出産は母乳に影響がないわけではないかもしれませんが、適切な支援があれば母乳育児は可能です。乳腺組織は加齢に伴うホルモンバランスの変化で、30歳代後半からは徐々に退縮していきますが、だからといって母乳育児ができないわけではありません。それは閉経に向けたとっても緩やかな変化です。

 

高齢出産ママにはメリットもいっぱい

若いママはあまり深く考えずにその場の状況だけで、「もう無理〜!」「もうしんど〜い!」ということも多いけど、人生経験を積んだ高齢出産ママは理性と知性と忍耐と妥協、さまざまな環境に適応する能力に長けています。

 

40代ママ、体力がないなら知性で補おうではありませんか!
それで母乳育児は十分やっていけますよ。

 


著者:助産院ばぶばぶ院長 助産師HISAKO

総合病院小児科・産婦人科・NICU病棟勤務を経て、地域での助産師活動・出張専門『助産院ばぶばぶ』を開業。2006年には来院ケアも可能な「助産院ばぶばぶ」をオープン。2014年10人目出産し、ママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく母乳育児支援や講演活動、書籍出版など多岐にわたって活動中。

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

  • 46歳で11年ぶりに自然妊娠し超安産で超元気な第五子を出産し半年がたちました。上の子達が完母だったので今回も完母でいた所、医学知識の豊富な方に「40代の母乳は栄養は全くなくスナック菓子を与えているようなもの。早く栄養のある食事を与えなさい」と促されショックで「そんな事ない!」と言う様な文章をさがしておりました。とても勇気づけられました。自身を持って続けて行こうと思います。ありがとうございました(^^)

    2016/10/30 22:37

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード