【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第29話~お父さんへ~

2016/11/23 18:00
私は産後4カ月ぐらいから、のうのうと育児を放棄して仕事に出かける旦那さんに不満を募らせ毎日こう思ってました。「今日も赤ちゃんの世話を人に押し付けて仕事に出かけさせていただいてありがとうございますって思え」と。「仕事に出かけられるコト」と「今日も赤ちゃんを生きながらえさせてくれたコト」を毎日ヨメに感謝してみてください。

カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ

クックパッドベビーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーターやましたともこでございます。

 

 

最近、お父さんも結構このゆる育児日記を見てくれてるコトが分かったので、今日は、趣向を替えて、お父さんへのメッセージを書いてみたいと思います。

 

世の中の大半が経験するであろう産後クライシス。できれば避けて通りたいですよね。あれ、旦那さんがちょっと気を付けるだけで全然避けられると思います。
 

 

愛し合って結婚したヨメが、変わっていく姿……。見たくないですよね。私は産後4カ月ぐらいから、のうのうと育児を放棄して仕事に出かける旦那さんに不満を募らせ毎日こう思ってました。


「今日も赤ちゃんの世話を人に押し付けて仕事に出かけさせていただいてありがとうございますって思え」と。

 

 

 

 


私は鬼ヨメなので、普通の人よりそう思うのかもしれませんが、友だちのデザイナーさんも「そうやねんっ!!!」と目をむき出し、語気を荒げて言ってたので、私だけではないと思います。
 

育児を旦那さんに手伝ってほしくない神様みたいなヨメもこの世には存在しているようなので、何とも言えませんが、「仕事に出かけられるコト」と「今日も赤ちゃんを生きながらえさせてくれたコト」を毎日ヨメに感謝してみてください。
 

そうすればきっと、多分、産後クライシスは大丈夫!かもしれん。とか思います。


 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週お届けしています!

 


▼過去のお話はこちらをクリック▼

 

    

 

    

 

      

 

  

 

  

 

  

 

   

 

       

 

  

 

   

 

      

 

  

    

 


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


  • 12
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード