ママだからこそ使えるものが選べる!本当によろこばれる出産祝い選び

2016/12/01 19:00
友人に子どもが生まれると悩むのが、出産祝いの贈り物選び。今育児をしている私は、ブランド物などではなく、自分が日常的に使っていて便利だと思った品物を贈るようになりました。日常的に使う消耗品、育児中に誰でも使う物、育児が楽になる物など、小額の物をたくさん買って袋詰めにします。育児中の今だからこそ贈れる品物です。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー用品
選び方
出産祝い・内祝い

 

友人に子どもが生まれると悩むのが、出産祝いの贈り物選び!自分は何をいただいてもうれしいのだけれど、いざ贈るとなるとアレコレ考えてしまいますよね。そこで育児を始めて3年の私は、これまで使って役に立ったベビー用品の詰め合わせを贈ることにしています。

 

ママならでは!役に立つベビー用品を厳選

 

自分が使ったことのあるベビー用品を、出産祝いの贈り物にしている私。品物を選ぶポイントは、とにかく役に立つこと!日常的に使う消耗品、育児中に必ず使う品など、小額の物をたくさん購入し、袋詰めにします。

 

自分で作るカジュアルな包装なので、贈る相手は仲のいい友人や親戚など限定。出産前の準備で揃えていそうな物や、いくつもあっては困る物、好みが分かれる物は選びません。それを3,000円〜5,000円にまとめます。

 

定番の贈り物はゴム製おもちゃ

 

私が定番にしている贈り物は、ゴム製のおもちゃです。布、木などいろいろな素材がある中で、息子がいちばんよく噛んで遊んでいたことに驚いたからです。さらに簡単に洗えて衛生的!口に入れても安全な成分の物を選びます。

 

ほかにも、暑い時期や発熱時に便利な、固まらない保冷剤、おもちゃにまぎれて失くなることがある歯ブラシ、各部屋にあると便利なウェットティッシュのフタなど、数があっても困らない便利な品物もチョイスします。

 


がんばりすぎないで!楽できる離乳食グッズ

 

何を隠そう私の苦手なことは、家事・育児。離乳食作りに苦労していたときに重宝したのが、野菜フレークでした。にんじん、かぼちゃ、とうもろこしなどの野菜がフレーク状になっていて、おかゆに混ぜるだけで食べさせられるお役立ち品!「がんばりすぎないで、たまには離乳食も楽をしてね」という気持ちを込めて、贈り物のひとつに選んでいます。

 

そのほか、「早く買っておけばよかった!」と私が後悔した、離乳食用ハサミも一緒に贈ります。

 

 

自分が実際に使ってみて便利だったベビー用品を贈り物にすることは、今育児をしているからこそできることです。ブランド物とはひと味違った、ママに寄り添うこだわりの贈り物選び。ぜひお試しください!(TEXT:唐木田幸)

 


  • 4
  • 2
  • 0
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。