生理再開!?と思ったら膀胱炎でした・・・気を付けたい育児中のトイレ

2016/12/01 21:00
産後3カ月ほど経ったある日、何気なくトイレで用を足すと、トイレットペーパーに血が!おなかが痛いなどの自覚症状はなかったので、もう生理が再開したのかとびっくり!診断を受けると、なんと「膀胱炎」でした。水分補給をこまめにして、トイレでしっかり排尿しましょう。休息をとり、疲れをためないことも大切です。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
産後
病院

 

子育て中は、ママの疲労もたまりやすく体調も崩しがち。赤ちゃんのお世話中は、トイレに行くタイミングが難しかったり、十分に休息が取れなかったりしませんか?そんなときに気を付けたいのが「膀胱炎」。産後ママの私が経験した膀胱炎エピソードをご紹介します。

 

生理再開!?と思ったら膀胱炎だった

 

赤ちゃんのお世話にも少し慣れてきたかなと思っていた産後3カ月ほど経ったある日、何気なくトイレで用を足すと、トイレットペーパーに血が!おなかが痛いなどの自覚症状はなかったので、もう生理が再開したのかとびっくり!

 

生理再開にしては早すぎないかと気になったので、念のため産院へ。診断を受けると、なんと「膀胱炎」!個人的にはもっと痛みがあるイメージの病気だったので意外でした。

 

産後ママの膀胱炎の原因とは

産後ママに多いと言われている膀胱炎は、細菌が膀胱内で繁殖し、炎症を引き起こす病気。産後はホルモンバランスが崩れていて、さらに慣れない育児で疲れがたまり、抵抗力が落ちている状況にあるので、侵入した細菌が繁殖しやすいと考えられます。

 

また、産後すぐは赤ちゃんに気を使ってトイレに行くのをがまんしてしまう、というのも原因のひとつなのではないかと思います。

 


育児中はトイレと水分補給を忘れずに!

 

膀胱炎予防には、なによりトイレに行くことが大切です。やっと寝た赤ちゃんが起きるかも……という心配も分かりますが、やはりがまんするのはよくありません。授乳中は水分が母乳になってしまい、無意識のうちにトイレの回数が減ってしまうことがあるのですが、それでは膀胱に尿がたまったままになってしまいます。

 

水分補給をこまめにして、トイレでしっかり排尿しましょう。休息をとり、疲れをためないことも大切です。

 

 

ちょっとした心がけで予防できる膀胱炎。膀胱炎になってしまったら、薬で治すのが一般的です。産科では授乳中でも服用可能な薬を相談できるので、もしも産後に異変があれば、まずは産科を受診することをおすすめします。(TEXT:千倉美波)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。