【育児のQ&A】夜や母乳時に鼻息も荒くとても苦しそうになります

2015/12/14 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

日中は問題ないのに、夜や母乳時に鼻息が苦しそうになる。

そんな症状が生まれたばかりの赤ちゃんに出てしまうととても不安です。

 

 

Q.夜や母乳時に鼻息も荒くとても苦しそうになります

生後2週間の男児です。

日中はスヤスヤ眠っているのに夜や母乳時に鼻がフガフガして鼻息も荒くとても苦しそうで心配です。

医師に診てもらった方が良いのでしょうか?

また眼球上転したりひきつけみたいなものを起こします。

なにかあるのではないかと不安になります。心配でどうしたらよいかわかりません。

 

 

 

A. 鼻汁や後鼻腔が生理的に狭いことが考えられます

新生児は呼吸をしながらミルクをのみます。

これは声帯の位置が高いため可能であるとされています。小児や大人は飲水するときに呼吸を止めないと飲めません。

声帯が高い位置にあるため、赤ちゃんの声はみんなよく似た声を出します。

呼吸をしながら飲むため鼻閉があると飲みづらくなります。また、鼻がつまっても口呼吸が上手にできません。「フガフガ」する原因として鼻汁や後鼻腔が生理的に狭いことが考えられます。苦しそうに飲むときは中休みを入れてあげるといいかもしれません。

 

乳児期になり声帯の位置が低くなるにつれていろいろな声をだすことが可能となります。その代わりに、呼吸と哺乳を仕分けてのむようになります。吸う力もついてくるので少々風邪をひいても大丈夫になってきます。

 

生後2週でのけいれんや引きつけは稀ですが、心配なときは動画をとって小児科医にみてもらうのもよいと思います。けいれん・ひきつけの診断の決め手は常に同じパターンの症状であることです(同じことを繰り返しておこす)。(回答/松井潔先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。