「103万円の壁」が変わる?「配偶者控除」の見直しで今後どうなる?

2016/11/30 12:00
扶養する妻がいると、夫の支払う税金が安くなる「配偶者控除」。今、配偶者控除の対象となる妻の年収を引き上げる方向で検討しているという報道がありました。今まで妻の年収が103万円以下の夫が受けられるものでしたが、今後は変化する可能性もあります。新しい情報はしっかりキャッチして、どのように働けばいいのかも検討していきましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
お金
家計管理

 

扶養する妻がいると、夫の支払う税金が安くなる「配偶者控除」。政府税制調査会がこのたび、配偶者控除の対象となる妻の年収を引き上げる方向で検討しているという報道がありました。

 

そもそも「配偶者控除」とは?

夫がサラリーマンで、妻がパートの場合、「扶養の範囲内で働く」という言葉を聞きますよね。それは妻の年間の収入が103万円以下であれば配偶者控除を受けられ、夫の所得税や住民税が軽減されるからなのです。

 

これがいわゆる「103万円の壁」と言われるもので、103万円を超えないように働く理由でもあります。


 

「103万円の壁」がなくなる?

この配偶者控除は、たびたび見直しが検討されています。配偶者控除を廃止するという案もありましたが見送りになり、今年11月に新たな案があることがわかりました。それが、控除の対象となる妻の年収を現状の103万円以下から「150万円以下」か「130万円以下」に引き上げるというもの。

 

これが実現されれば、103万円を超えないように働いていた人も、130万円あるいは150万円まで収入を増やすことができます。ただし、扶養をする側に所得制限を設けることも検討しており、夫の年収によっては控除が受けられなくなる可能性もありそうです。

 

 

配偶者控除の見直しについては、来年度の税制改正で本格的に話し合いが持たれるようです。私たちの暮らしに大きく関わることなので、政府がどんな決断をするのか今後の動向を見守りたいですね。(TEXT:妹尾香雪)

 


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。