【妊娠36週】半月で3kg増!私の体重増加ストップの決め手

2016/12/05 13:00
36週の健診でなんと2週間前の健診から約3kgも太ってしまった私。医師にも叱られ、それから出産までは、ほぼ体重を増やさずなんとかやり過ごすことができました。今まで安静にしすぎて殆ど動いていなかったことと、体重が増加することによって起こる赤ちゃんへの影響をしっかり認識することが、体重増加ストップへの決め手になりました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠の悩み
体重管理

 

妊娠期間もあと少し、赤ちゃんの様子も順調でもうすぐ赤ちゃんに会える!そんなとき、妊婦はついつい気がゆるんでしまいがちです。最後の最後に体重が一気に増えてしまうことも。

 

私もそのひとりで、36週の健診で2週間前の健診から約3kgも太ってしまいました。心を入れ替えて、出産まではほぼ体重を増やさずに、なんとかやり過ごすことができた、その理由をお話ししたいと思います。

 

まずは妊婦の体重管理について調べてみた!

 

妊婦は栄養を確保しようと赤ちゃんのために体もがんばっている状態なので、いつも通り食事をしていても体重が増えやすいのだそうです。でも、半月で3kgの体重増加はさすがに私もあせりました。

 

自分でも、妊婦の体重増加の何が悪いのかをまずはしっかり調べてることに。体重が増えすぎると、難産になりやすい、妊娠高血圧症候群になる恐れがあるということがわかりました。

 

体重増加をストップさせるいちばんの決め手

 

また、体重が増えすぎると自分が苦しむだけなのかと思いきや、妊娠高血圧症候群の影響で、おなかの中の赤ちゃんの成長が妨げられたり、出産のときに赤ちゃんが低酸素状態になったりすることもあるのだそうです。


漠然と「体重を増やしてはいけない」ということは知っていても、体重が急激に増えすぎることによる赤ちゃんへの影響については今までくわしく知りませんでした。そして、体重増加と赤ちゃんへの影響をしっかり認識することが、私の場合、体重増加をストップさせるいちばんの決め手となりました。


赤ちゃんはどうなるのか考えてみて!

 

私の場合、赤ちゃんへの悪影響があると知ったら、自分への甘えは一切なくなりました。何かあってからでは本当に遅いということをしっかり認識することが、体重管理の勝因だったと思います。

 

 

妊娠中の体重コントロールは本当に大変!でも、自分が病気になったり難産になったりすると、苦しむのは自分自身と赤ちゃんなんだとしっかり認識することが大切です。生まれてくるかわいい赤ちゃんのためなら、ママってがんばれるものなんだと、この体験を通して気付くことができました。(TEXT:荒津綾子)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。