ちょっと目を離した隙に・・・ショック!息子の骨折エピソード

2016/12/03 20:00
末の息子が2歳になる少し前の出来事です。みんなで回転寿司に行っていました。おもむろに椅子の上に立った息子。その瞬間、スローモーションのように椅子から転落するのが見えました。診察の結果、肘の少し上にヒビが入っていました。油断をせずに気を配っていれば痛い目に合わせずに済んだのに、と反省しています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
病院


末の息子が2歳になる少し前の出来事です。その日は年の離れた長女も遊びに来ていて、みんなで回転寿司に行っていました。いつも行っているお店なので、安心していました。長女が来ていることもあり、末の息子はいつもよりハイテンションでした。そんな中で起こったショックな出来事についてお話しします。

 

楽しく食事をしていたその時!

 

久しぶりに訪れた長女との会話は弾んでいました。そのためか、いつもなら気を配っているはずの末っ子の動向から気持ちがそれていたのです。

 

おもむろに椅子の上に立った息子。その瞬間、スローモーションのように椅子から転落するのが見えました。「あっ!」と思った時には床に倒れている息子。勿論ギャン泣きです。

 

抱っこしたところ、腕を振るわせるように泣いています。何かが違う…と感じ、夜間でしたので救急病院へ連れて行きました。

 

ごめんね。もっと気を配っていれば

 

診察の結果、肘の少し上にヒビが入っていました。レントゲンでも痛がる息子を押さえつけ、涙が出る思いでした。ギプスで固定され、三角巾をした息子はとても痛々しかったのです。

 

幸いにも本人はその後は案外ケロッとしていたのでほっとしました。ただ、レントゲンを撮った時、怖かったことがトラウマになってしまったようで、その後病院に行くたびギャン泣きです。

 


仕事にも影響が…

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

 

子どもなので大人よりは治りが早いということでしたが、それでも完治までに2カ月はかかるとのこと。

 

そこで、私が懸念したのは仕事のことでした。そんなに休めない…。保育園に相談すると、ギブスをした状態では保育士の手が必要になるため保育は難しい、と言われてしまいました。1週間ほどは仕事をお休みしたものの後は実家にお願いし、なんとか出勤することが出来ました。

 

今回はこれくらいで済んだのでまだ良かったのだと思います。ほんの一瞬配慮を怠ったために息子にもつらい思いをさせてしまいました。油断をせずに気を配っていれば痛い目に合わせずに済んだのに、と反省しています。(TEXT:荒津綾子)

 


  • 2
  • 0
  • 2
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。