【妊娠・出産のQ&A】片頭痛持ちで市販の鎮痛薬を飲んでもよくなりません

2015/08/01 10:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

 

クックパッドベビーには、みなさんの悩みや質問を専門家の方に答えてもらうQ&Aコーナーがあります。今日はその中から妊娠中の頭痛についてピックアップします。

 

 

 

Q:片頭痛持ちで市販の鎮痛薬を飲んでもよくなりません

現在妊娠13週です。もともと片頭痛持ちだったのですが、妊娠してからひどくなりました。朝起きてから夜寝るまで続き、とてもしんどいです。病院で相談したところ「市販の鎮痛剤を飲んでも構わない」と言われたのですが、飲んでも治まりません。

 

上に2歳4ヶ月の息子がいるのですが、その子が外では自分で歩こうとせず抱っこをせがむので、抱っこして買い物に行くと、帰宅後には決まってひどい頭痛に悩まされます。何かいい対処方法はありませんか?

 

 

 

 

A : 暗く静かな場所で横になり、こめかみを冷やすと効果的

 

妊娠初期はホルモンのバランスが大きく変わることから、頭痛が起こりやすくなります。しかし、妊娠中期からは黄体ホルモンが高めで安定するため、一般には片頭痛は起こりにくくなります。眼精疲労、肩こり、ストレス、過労、睡眠不足、悪い姿勢など、日常生活で片頭痛の誘因となるものは、回避するようにしましょう。また、血圧を変動させるような、急な動作には注意してください。

 

妊娠中の片頭痛は、精神的な不安緊張状態、不眠、疲れなどが原因となることが多いようです。片頭痛が出現したときは、暗く静かな場所で横になり、こめかみを冷やしてみてください。改善しない場合、病院でアセトアミノフェン系の鎮痛剤を処方してもらうとよいと思います。しかし、痛みがひどい場合には、妊娠高血圧症候群や脳血管障害などの注意も必要ですので、受診してご相談ください。(回答:天神尚子先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。