【妊娠・出産のQ&A】風疹の検査をした2週間後、再検査をしたら抗体が2倍。風疹にかかってしまったのでしょうか

2015/12/13 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

妊娠中に風疹にかかってしまうと、胎児に様々なリスクをもたらしてしまうと考えられています。

2週間後の風疹の抗体検査で抗体が2倍にあがっていたとしたら…。

風疹にかかってしまっていたのでしょうか。

 

 

Q. 風疹の検査をした2週間後、再検査をしたら抗体が2倍。風疹にかかってしまったのでしょうか

妊娠初期におたふく風邪のような症状がありその際念のため風疹の抗体も調べました。

その際抗体が8倍でした。

その2週間後に妊婦検診で検査したときは抗体16でした。

その間に風疹にかかったのでしょうか?

 

A. ペア血清で2倍であれば陰性と判定します

一度抗体を取った後、1~2週間後に同じ抗体を取ることをペア血清といい通常4倍以上になっていると陽性と判定します。

今回、2倍ですので陰性と判定します。

しかし、不安であれば自費検査になるかもしれませんが風疹IgMという抗体を測定してもらうのもいいでしょう。 (回答/太田篤之先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。