泣くわが子が目に見える!幼稚園生活に向けて今できること

2016/12/06 22:00
入園予定の幼稚園ではプチ運動会など、未就園児も参加できるイベントが開催されています。雰囲気に慣れるため、イベントがあるたび足を運んでいます。子どもをギュッと抱きしめるなど、今まで以上にスキンシップも増やしています。そうすることで「ママに愛されているから大丈夫」という土台ができると思っています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
体験談
保育園・幼稚園

 

 

ずっとママの傍にいたわが子が初めて集団生活の場へ。きっと不安で寂しくて泣いてしまうだろうなと思います。その姿を見て心が痛む自分も想像できます。ちゃんと幼稚園でやっていけるのだろうか。今回はそんな不安を少しでも和らげるために行っていることをご紹介します。

 

入園予定の幼稚園イベントに積極的に参加

 

わが子が入園予定の幼稚園ではプチ運動会やハロウィンパーティなど、未就園児も参加できるイベントが開催されています。今まで気に留めていなかったイベントです。

 

幼稚園の雰囲気に慣れるためにも参加してみようと思ったのがきっかけで、イベントがあるたび足を運んでいます。次はクリスマスパーティに参加予定。園児と一緒にゲームを楽しんだり、サンタさんからプレゼントがもらえるとあって凄く楽しみです。

 

月に1回の園庭解放でお友達と遊ぶ体験を

 

月に1回、入園予定の幼稚園園庭で遊べる日があります。元気いっぱい動き回る園児たちと交じって遊べる体験は貴重です。最初は怖がるかな?と心配していたのですが…。

 

園児たちの背中を追いかけるようにして、笑顔で追いかけるわが子の姿がありました。園児と一緒にお弁当を食べる機会もあり、今ではお兄ちゃんお姉ちゃんと打ち解けている様子。雰囲気に慣れるにはうってつけのイベントだなと感じました。

 


ママとの愛着を深める遊びを心がける

 

幼稚園や児童館などに参加することも大切ですが、「ママとの愛情を深めること」も忘れてはならないなと感じています。2人だけの時間って今だけ。幼稚園生活が始まれば、当然ママとの時間が激減しますからね。

 

子どもをギュッと抱きしめるなど、今まで以上にスキンシップを増やしています。そうすることで「ママに愛されているから大丈夫」という土台ができると思っています。

 

いつも一緒にいることが当たり前だった毎日。そんな日が過去になるときが必ずやってきます。「あのとき、もっと可愛がるべきだった」など後悔するママも多いです。限られた時間のなか、親子の絆を深めておきたいですね。(TEXT:田中由惟)


  • 0
  • 1
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。