お友だちトラブルが発生!相手の親にどう対応する?

2016/12/10 08:00
お友達が遊んでいたオモチャを奪ってしまったときのこと。相手の親は「いいのよ」と言ってわが子にオモチャを手渡してくれました。たとえ相手の親が大丈夫だと言っても「謝る」ことを忘れてはいけないと思います。相手に嫌な思いをさせない言葉で仲立ちすることも大切。本当に悪いことをしたときは、その場で「叱る」ことも必要です。

 

こんにちは。ママライターの田中由推です。まだ言葉の表現が上手くできない1、2歳児。子ども同士の喧嘩など、親の仲裁なしでは解決できないことが多いですよね。そんななか気を遣うのが相手の親にどう対応するのかです。

 

今回はわが家のトラブルエピソードを交え、相手の親に対して心がけている点をお伝えします。

 

とにかく「謝る」

 

わが子がお友達が遊んでいたオモチャを奪ってしまったときのこと。相手の親は「いいのよ」と言ってわが子にオモチャを手渡してくれました。たとえ相手の親が大丈夫だと言っても、心のなかでは「イヤだ」と思っているかもしれません。

 

そこで私は、どんな小さなことでも謝ることを心がけています。逆の立場の気持ちを考えると、相手の親から「ごめんなさい」のひと言があるないで印象が違うと思うからです。

 

相手の親にも伝わるよう「言葉」で仲立ち

 

すべり台で遊んでいたとき、お友達が順番を抜かして滑ろうとしていました。それを見てわが子はかんしゃくを起こします。私は相手の子どもに「ごめんね、ちょっと待ってね。順番だから先に滑らせてね」と伝えました。

 

このときに気を付けているのが「相手の親に嫌な思いをさせない言葉で仲立ちすること」です。ちょっとした言葉が親同士のトラブルに発展することもあるからです。言葉を選ぶことも大切だと思います。

 


その場で「叱る」

 

わが子が歯型がつくほど相手の腕を噛んでしまったことがありました。相手の親と子どもには何度も謝り、その場で我が子を叱りました。本当に悪いことをしたときは、その場で「叱る」ことも必要だと思います。

 

人前で叱ることができない親もいますが、相手からしたら「どうして叱らないの?」と思ってしまうでしょう。悪いときは誠意を見せて謝り、子どもを叱る対応も必要なことだと感じています。

 

 

わが子がお友達に悪いことをした、その逆パターンもあるでしょう。様々なトラブルと向き合うなか、親同士の関係も築かれていきます。どんなときでも、相手側の気持ちに立って物事を考えられる親でありたいです。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 1
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。