子どもを叩いてしまったことはある?周りから聞いた子育て事情

2016/12/07 22:00
1、2歳の子どもを持つママ友に聞いたところ、10人中5人が「子どもを叩いてしまったことがある」という結果に。私と同じように悩むママが意外と多いことに驚きました。しかし、子ども時代を振り返って気付いたのは、叩くと子どもに恐怖心を与えるだけで「何がいけないのか」分かりづらくなるということです。叩かない子育てを考える必要もありそうだと感じています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
ほめ方・しかり方

 

子どもに何度叱っても分かってもらえない……。イライラが募って手が出てしまうことってありませんか?私は言葉で伝えたいと思っていながら、つい手が出てしまいます。こんなことをしているのって私だけなのでは!?そこで聞いた、イマドキの子育て事情をお伝えします。

 

子どもを叩いてしまったことはある?

 

1、2歳の子どもを持つママ10人に話を聞いてみました。すると10人中5人が「子どもを叩いてしまったことがある」という結果に。私と同じように悩むママが意外と多いことに驚きました。10人中3人が「叩きそうになったけれどがまんした」、あとの2人は「どちらもない」という結果になりました。

 

叩くことはよくないことだけれど、危険な場面では叩いてでも教えるべきと考えるママもいて、考え方もさまざまでした。

 

どんなときに子どもを叩いてしまうのか

 

私がわが子を叩いてしまう場面でダントツに多いのが「何度言っても聞かないとき」です。とくに食事中。わが子はテーブルの上に足を乗せるクセがあります。とても行儀の悪いことなので、毎回注意しているものの聞かないため「パチン」。

 

ほかのママの話では、お友だちが嫌がっているのに何度注意しても止めないので叩く。子どもがジッとしないため、おむつ替えがしづらく、自分のイライラで叩いてしまうママもいました。


叩くことは「しつけ」として必要?

 

私自身が子どものとき、言葉だけでなく、ときによっては頭やおしりを叩かれることもありました。こうしたことで「悪いこと」に気付かされるより、叩かれることに対して「恐怖心」ばかりを抱いていたなと思ったんです。

 

子ども時代を振り返って気付いたのは、叩くと子どもに恐怖心を与えるだけで「何がいけないのか」分かりづらくなるということです。

 

 

私の周りでは、叩くことも子育てにおいて必要だと考えるママも意外に多くいました。しかし最近では「叩くことで親子にメリットはない」と言われているようです。叩かない子育てを考える必要もあるのだろうと感じています。(TEXT:田中由惟)

 


  • 3
  • 4
  • 14
  • 5

既にクリックしています。

  • 叩く事にメリットはない!!って言うけど
    私達は悪いことをしたら怒られたし叩かれて育ちました
    それは親でも学校でも会社に入っても叱られて怒られて今に至ります
    それで、心に傷?叩かれて傷はできてません
    きっと筋が通っていたからでしょうね

    なぜ怒られて叩かれたのか
    命に関わる危ない時、お友達に怪我をさせた時
    シュチュエーションはいろいろあると思いますが
    これをしたら親がこんなに怒って叱られて時に叩かれるって覚えるのも必要だと思いますが、、、

    感情的にならないなんて無理です
    伝わらなくてもお母さんは悲しくて怒ってる!って事が伝わればいいと思うから私は必要があれば叩きます

    2017/04/28 11:01
  • 上記のかたと同じような理由で私は主人に叩かれました。
    だから子供を万一叩いてしまった時、私は自分を恥じます。
    大人と子供との違い、と言われるかもしれませんが、どんな理由があっても身体の痛みに訴えるのは暴力であって、正当化すべきではないと思います。
    自分が子供の時に叩かれたから正しいとは限りません。

    2017/06/08 23:53
  • 書き忘れましたが、同じ理由とは命に関わる危ない目に…という所ではなくて、「叩く事が愛情の一環である」と思っている、という点です。
    感情的になって叩く時に心を占めるのは決して愛情ではありません。自分の怒りや哀しみです。

    2017/06/08 23:59
  • 躾と躾の範囲を超えるただの暴力は別物だと思う。
    叩くことがいけないんじゃないよ。

    2017/07/17 03:31

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。