おなかが大きくなっても楽!産後も大活躍のマタニティパジャマ

2016/12/08 13:00
マタニティパジャマがあると、どんなにおなかが大きくなっても楽!そして、産後にも大活躍してくれます。”マタニティ”パジャマと言っても、ウエストゴムの調節が自由自在なのでパジャマのズボンは妊娠初期から産後まで着用可能です。母乳育児を考えている人は、授乳口付きがおすすめです。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
マタニティ
産後ママ・授乳用品

 

 

こんにちは。ママライターの西野ゆうです。私は妊娠中、出産予定日までまだまだという時期でも、今まで着ていたパジャマだとおなかが苦しいと感じていました。

 

そんなときにマタニティパジャマがあると、どんなにおなかが大きくなっても楽!そして産後にも大活躍してくれます。私が実際に購入したパジャマと購入の決め手となったことをご紹介します。

 

妊娠したらマタニティパジャマはおすすめ!

 

マタニティパジャマというと、おなかが目立つようになってから、と考えている人もいるのではないでしょうか。私自身もそうでした。と言うよりも、おなかが大きくなっても今までのパジャマで大丈夫だろうと思っていたのです。

 

しかし、妊娠5カ月ごろから、今までのパジャマでは寝苦しさを感じるようになり、寝つきも悪くなってしまったので、マタニティパジャマを購入することに。そこで早速、犬印本舗の「fairy 授乳口付きパジャマ」を購入したんです。

 

ズボンのウエスト調節が自由自在!

 

”マタニティ”パジャマと言っても、ウエストゴムの調節が自由自在なので、妊娠中はもちろんのこと、産後のペタンコのおなかでもまったくズレ落ちることなく、履くことができます。そのため、パジャマのズボンは妊娠初期から産後まで着用可能です。

 

私が購入したマタニティパジャマは、見た目があまりパジャマっぽくなく、部屋着として着られると思って選びました。産後も部屋着やパジャマとして着用していますよ。

 


授乳口付きのタイプがおすすめ!

 

マタニティパジャマには、授乳口付きとそうでないものがあります。母乳育児を考えている人は、授乳口付きがおすすめです。私は、母乳育児を考え、長く着用できるようにと授乳口付きを2着購入しました。

 

冬の出産だったので、夜中の授乳には本当に授乳口付きでよかったと実感しました。授乳口の作りもさまざまで、使用していてどれも不便は感じていませんが、ボタンなしの方がすぐにおっぱいを出せるのでとても楽です。

 

 

妊娠中も産後も、大活躍してくれるマタニティパジャマ。マタニティパジャマの購入を検討している方は、長く着用できるものなのでデザインもお気に入りのものを見つけてくださいね。(TEXT:ママライター西野ゆう)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。