【ママの体験談】妊娠を希望するなら妊娠前から!葉酸を摂取しよう

2017/01/15 10:00
葉酸が欠乏してしまうと、胎児が神経管閉鎖障害を負うリスクが高まってしまう危険があります。この葉酸ですが、妊娠前から毎日の摂取が重要であることが言われています。しかし、安定期までつわりがあり、葉酸が含まれているあめをなめて過ごしました。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
栄養
おすすめ
体験談

 

 

こんにちは。ママライターの西野ゆうです。「葉酸」を妊娠してから意識し出す方も多いのではないでしょうか。この葉酸、実は胎児にとても重要な影響を与える栄養なのです。葉酸はどの食品に含まれているのか、私が妊娠中に葉酸摂取を心がけていた体験談をお伝えします。

 

葉酸ってなに?不安なときは医師に相談を!

 

私は葉酸のことを妊娠するまで知りませんでした。妊娠中、ベビー用品店で「妊娠中に必要なものなんだ」と葉酸について知り、自分でも調べてみることに。

 

葉酸が欠乏すると、胎児に神経管閉鎖障害が出てしまう危険性などがあるといわれており、妊娠前からの摂取が大切だということを知りました。ふだんの食事で葉酸が摂取できているかなど、不安がある場合は、医師に相談してみるといいですよ。

 

意外と身近!葉酸が摂取できる食品

 

葉酸は、ほうれん草、枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリー、海苔、納豆、いちごなどに含まれているそうです。

 

調べてみると、私の大好きな食べ物ばかりで、妊娠前から毎日のように食事の中でとり入れていたものでした。葉酸を含む食材の中でも、手間をかけずに摂取できるものもあるので、忙しい朝でも摂取することができますね。


食事で摂取できないときは……

 

私はつわりの最中、あめを舐めていると吐き気を抑えることができていました。そこで、食事で摂取できない葉酸をあめで補うことに。私が選んだのは和光堂の「葉酸+鉄キャンディ」です。妊娠中は鉄分も不足するので、鉄分も補えていいかなと思い、取り入れていました。

 

それでも、基本はしっかりとした食事から摂取することが大切です。私もつわりが落ち着いてからは、妊娠前と同じように栄養バランスを考えつつ、葉酸を含む食材を毎日摂取していました。

 

 

葉酸が欠乏したときの危険性だけを聞くと、つわりのある人などはとても不安になるかと思います。不安なときは、医師に相談するのがいちばんです。今は、サプリメントなど、葉酸を補うものがさまざまな形で売られているので、自分に合ったものを選んでくださいね。(TEXT:ママライター西野ゆう)


  • 0
  • 1
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。