【体験談】回転寿司のお湯だしボタンで火傷!こんなに重症化するなんて

2016/12/12 21:00
回転寿司へ出かけたときのこと。親の不注意で子どもに火傷を負わせてしまったことがありました。原因は席に備え付けられている「お湯だしボタン」心配するほど酷くならないだろうと思っていましたが、自宅へ帰ってしばらくすると腕に水ぶくれができたんです。子どもの皮膚は大人より薄いので、重症化しやすいことを実感しました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
病院

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。とくに冬は火傷に気を付けたい季節ですね。ストーブなどの暖房器具による火傷もよく耳にします。好奇心旺盛な子どもから目が離せませんね。

 

そんな火傷ですが、わが家にも突然悲劇がやってきました。大人が思っている以上に重症化しやすいと感じた体験をお伝えします。

 

回転寿司のお湯だしボタンで……

 

家族で回転寿司へ出かけたときのこと。親の不注意で子どもに火傷を負わせてしまったことがありました。

 

原因は席に備え付けられている「お湯だしボタン」。お茶を作るときに使うお湯ですが、目を離したすきに娘がボタンを押してしまったんです。気付いたときには熱湯が腕に!娘はギャン泣きです。

 

すぐに流水で冷やしたあと、お店の人にタオルを借りて冷やし続けました。

 

子どもは大人以上に重症化しやすい

 

熱湯がかかったと言っても、ほんの数秒。心配するほどひどくならないだろうと思っていました。ところが、自宅へ帰ってしばらくすると腕に水ぶくれができたんです。

 

大人であれば、赤くなる程度で済んだかもしれません。子どもの皮膚は大人より薄いので、重症化しやすいことを実感しました。

 

病院を受診し、患部に軟膏を塗ったあと、包帯で巻いてもらいました。水泡をつぶしたり、患部をこすると二次感染の危険性があるそうです。


低温やけどにも要注意

 

この体験で火傷について知るきっかけにもなりました。熱湯やストーブなどが火傷の危険性があるのはもちろん、電気カーペットなど「低温火傷」の危険性もあること。

 

低い温度であっても、長時間同じ部位を当てていると火傷を起こす可能性があるそうです。電気カーペット上でお昼寝をさせている人は要注意ですね。知らずのうちに火傷が進行して、跡が残ってしまうケースもめずらしくないとか。

 

 

子どもに火傷を負わせてしまったことで、私は自己嫌悪に陥りました。そもそもお湯出しボタン近くに座らせていたのが間違いでした。もしかしたら触ってしまうかも……という危険予測も大切であることを痛感した体験でした。(TEXT:ママライター 田中由惟)

 


  • 0
  • 1
  • 11
  • 1

既にクリックしています。

  • 手前に座らせてたとか信じられない。

    2017/01/18 12:17

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。