【体験談】カサカサ肌を防げ!赤ちゃんのためにできる保湿

2016/12/23 20:00
夫のアトピー体質を受け継いだのか、肌が弱い我が子。生まれた時から、お風呂あがりや着替えの時に市販の保湿ローションやクリームを塗っていましたが、産後2カ月頃から肌がかさつき始めました。 ひどくなった場合は受診することをおすすめします。症状に合った薬を処方してくれます。水分を補った上に、保湿剤や処方された薬を塗ることがポイントです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
肌トラブル
スキンケア

 

こんにちは。ママライターの石川ゆかりです。カサカサしたり、おむつでかぶれたりと、何かと起こる赤ちゃんの肌トラブル。わが家は夫のアトピー体質を受け継いだのか、赤ちゃんも肌が弱く、産後2カ月ごろから肌がカサカサし始め、1歳を過ぎた今も、毎日市販品や病院からの処方薬を使って保湿中です。そこで、今回はわが子の肌荒れ対策についてお話したいと思います。

 

保湿ローションやクリームで予防を

 

夫のアトピー体質を受け継いだのか、肌が弱いわが子。生まれたときから、お風呂あがりや着替えのときに市販の保湿ローションやクリームを塗っていましたが、産後2カ月ごろから肌がかさつき始めました。

 

一度かさつき始めると、そこをひっかくようになって、さらにひどくなる悪循環。予防という点では効果を発揮するローションやクリームも、ひっかき傷になるとお手上げです。

 

ひどくなったら、素直に病院へ

 

ただ、市販薬を使おうにも、赤ちゃんの肌はデリケートだから、どれを選ぶか悩みます。そんな時は、素直に皮膚科や小児科へかかる方がいいと思います。

 

うちの子の時は、病院では、基本的な保湿剤に加えて、肌荒れがひどい時用の薬を処方してくれました。また、頭皮が荒れている時には、クリーム状ではなく、塗りやすい液状の薬など、その時の状態に合わせた薬を処方してもらうことができました。

 


肌にしっかり水分を補ってからの保湿

 

わが家では、お風呂あがりで肌に水分が残っているときに、保湿剤を体全体に塗り、かさつきがひどいところには処方薬を重ねて塗っています。また、着替えのときなどは、保湿ローションで肌に水分を補ってから保湿剤を塗っています。

 

そのほか、マザーズバッグにも保湿ローションやクリームを入れています。外出先でもかさつきが気になることがあるので、そのときはすぐにローションなどを塗るようにしています。

 

 

肌荒れはすぐには治らず、薬を塗ったところがよくなれば、ほかのところがひどくなるという、いたちごっこのような状態が続きます。しかし、それに負けず、キレイな肌になるようにと祈りながら、今日も保湿剤を子どもの肌に塗り込んでいます。(TEXT:ママライター石川ゆかり)


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。