【育児のQ&A】あくびや向きを変えるときに下唇が下がります

2015/12/22 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

口角が下がる病気というのがあるそうです。どういった病気なのでしょうか?

成長するにつれて治癒する病気なのでしょうか?

 

 

Q. あくびや向きを変えるときに下唇が下がります

もうすぐ2ヶ月になる娘は、生後2週目に入る頃から、左右に向きを変えるとき、向く方向に下唇が下がるようになりました。首がすわっていないので、向きたい方向の下唇に力が入り、下がるのかと思うこともあります。しかし、あくびをするときなどにも、ときどき左右の下唇が下がります。

出産した病院に行き、超音波検査などで脳の様子を調べていただきましたが、問題はありませんでした。成長とともに治るのか心配しています。出産は帝王切開でした。

 

 

A. 特に心配はいらないでしょう

口角が下がる病気に、「口角下制筋欠損症」があります。口角を下に引く作用をする「口角下制筋」が生まれつき欠損していたり、低形成になっている状態です。

たとえば、右の口角下制筋欠損症であれば、泣いたときなど口を大きく開けるときに、右の口角が下がらず、正常な左の口角が下がります。

しかし、成長とともに口周囲の他の筋肉が代償していくため、目立たなくなります。したがって、特別な治療は行わず、経過観察になります。

 

ご質問の赤ちゃんが、向きを変えるときに力を入れる方向の下唇が下がるのは、この口角下制筋が作用していると考えられますし、あくびのときに左右の下唇が下がるのも、あくびで大口を開けるために、両側の口角下制筋がしっかりと作用していると考えられますので、心配はいらないでしょう。(回答/三石知左子先生)

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。