きっと我が子を抱きしめたくなる!ママが泣ける絵本3選

2015/11/30 12:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

絵本といえば子供のためのものですが、今回は子供ではなく、ママにこそ読んでほしい絵本をご紹介します。読み終えたら子供をぎゅっと抱きしめて「生まれてきてくれてありがとう」と伝えたくなるはず。

 

「ママがおばけになっちゃった!」

作・絵:のぶみ(1296円 講談社)

 

4歳の息子・かんたろうを残して死んでしまったママ。おばけになってあらわれて、これから生きていくかんたろうに、たくさんの「好き」を伝えます。子育ては楽しいことばかりじゃないけれど、当たり前に思っている子供との毎日が、どんなに大事か気づかされる1冊です。

 

「ちいさなあなたへ」

作:アリスン・マギー 絵:ピーター・レイノルズ(1080円 主婦の友社)

 

「あのひ、わたしはあなたのちいさなゆびをかぞえ、そのいっぽんいっぽんにキスをした」で始まる絵本。母としての喜び、不安、苦しみ、寂しさのすべてが詰まっていて、自分がどのように両親に育てられてきたのか、そして我が子がどのように成長していくのか想像して、涙があふれてきます。

 

「おかぁさん」

作:もっち作 絵:江藤路子(1026円 ナツメ社)

 

ネットで広まり、たくさんのママが感動した詩が絵本になりました。赤ちゃんは泣くことしかできないとわかっていても、疲れているとイライラしてしまうことってありますよね。「わたしが泣くのはママを困らせたいからじゃないんだよ」という赤ちゃんの気持ちを代弁してくれていて、がんばりすぎて疲れてしまったママの心にじーんとしみわたります。

 

 

最近、子育てを楽しめていない気がする…。そんなときに読んでみてください。きっと大事なことに気付けるはずです。(TEXT:妹尾香雪)

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。