乾燥の季節到来!加湿器選び、どうしてる?

2016/12/18 13:00
空気が乾燥する季節、肌やのどの乾燥が気になりますよね。加湿器はお部屋の空気を加湿し、快適な状態にしてくれます。加湿器には基本的な種類が4つあり、加湿パワーの差や、動作音の大きさ、本体価格も違います。使用する場所や子どもに合わせて、より効果的に使える加湿器を探してみませんか?
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
選び方

 

こんにちは。ママライターの千倉美波です。冬になり、乾燥の季節になりましたね。 ストーブやエアコンの使用とともに、加湿器を使う家庭も多いのではないでしょうか?

 

加湿器の基本的な種類とその特徴、環境の違いによるおすすめポイントをお伝えします!

 

加湿器の基本的な種類は4種類

 

加湿器には種類があるのをご存知でしょうか?基本的な種類は4種類。

 

水を含ませたフィルターにファンで風を当てて気化する「気化式」。蒸気で加湿する「スチーム式」。超音波で水をミスト状にして加湿する「超音波式」。ハイブリッド式とも呼ばれている、気化式に温風を使う「温風気化式」。

 

また、空気清浄機能が付いたタイプもあります。

 

特徴に合わせて賢く選ぼう!

 

次に、それぞれの特徴をご紹介します。気化式は熱を使わないので電気代が安いですが、加湿パワーは控えめです。スチーム式は水を沸騰させた蒸気を使うので加湿パワーは強いですが、電気代が高くなります。

 

超音波式は加湿パワーが強く電気代・本体価格が割安ですが、しっかりしたお手入れが必要になります。温風気化式は気化式よりも加湿パワーが強いですが、本体価格が比較的高いです。


お部屋や子どもに合わせた加湿器選び

 

加湿器は、状況に合わせて選ぶことも大切です。スチーム式は熱い蒸気が出るので、子どもの手の届く場所での使用は危険ですが、少し高い所や子どもが動き回らない寝室であれば使いやすいです。

 

気化式・温風気化式はファンの音がするので、寝室や音を気にする子どもには向かないかもしれません。超音波式は水に細菌が繁殖してしまうとそのまま空間に出てしまうので、お手入れする時間がある家庭向けです。

 

 

種類やグレードがたくさんある加湿器。加湿器の機能だけでなく、使用場所や子どもに合わせて賢く選んでみて下さいね。ちなみに、わが家では寝室でスチーム式を、リビングでは温風気化式を使っています。(TEXT:ママライター千倉美波)

 


  • 2
  • 1
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。