雨の日はコレで乗り切る!わが家のおうちで楽しめる運動遊び

2017/01/02 20:00
ママの背中に乗って「ゆらゆら遊び」。ママにとってはマッサージにもなるので一石二鳥ですよ。「タッチ遊び」は、ママがあっちこっちに手を出して、子どもにタッチしてもらう遊びです。「ジャンプ遊び」は、ママの足を前に出して子どもにジャンプしてもらいます。ジャンプに余裕があると感じたら、足の位置を少し上げてみても。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
遊び

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。私の息子は体を動かすことが大好き。とてもいいことなのですが、天候が悪くて室内で過ごすとなると、退屈で仕方がないようです。家でも適度に運動できたら……。そんな思いから生まれたわが家の運動遊びをご紹介します。

 

ママの背中の上を「ゆらゆら渡り」

 

ママがうつ伏せになり「背中に乗って」と声をかけます。バランスを崩すと危ないので、子どもが壁に手をついて体を支えながら遊ぶと安心です。「ゆっくり歩いてみて」と促すと息子は大よろこび。ママにとってはマッサージにもなるので一石二鳥ですよ。

 

この遊びは子どもの体重が重くなると、できなくなるので今の時期ならではの遊びだと思います。

 

敏捷性が鍛えられる!「タッチ遊び」

 

子どもと向かい合って立ちます。ママがあっちこっちに手を出して、子どもにタッチしてもらう遊びです。慣れてきたら「早くタッチできるかな?」と促してみます。いかに早くタッチできるかという挑戦心が芽生え、息子の目は真剣そのもの。

 

タッチしやすい位置に手を出したり、ジャンプしなければ届かない高さに手を出すなど、工夫次第で遊びが広がると思います。


汗をかくほど楽しめる!「ジャンプ遊び」

 

ママがイスに座ります。足を前に出して子どもにジャンプしてもらうのですが、たんにジャンプするだけでは物足りない。そこでジャンプする前に「好きな食べ物はなに?」など質問に答えたあとジャンプするようにしました。そしてママの周りを1周して戻ってきます。息子は何度も繰り返し遊んでいましたよ。

 

ジャンプに余裕があると感じたら、足の位置を少し上げてみても。活発なお子さんにはうれしい遊びだと思います。

 

 

子どもが走り回ると下の階に迷惑がかかるなど、ご家庭によっては遊びにくいことも。最近では防音性の高いシートも販売されているので、環境を整えてみるのもおすすめです。また、室内で遊ぶ際は滑らないように裸足で行いましょうね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。