【ママの体験談】出産前にできるだけ節約!私が試みた節約術

2017/01/06 08:00
妊娠中にできるだけ節約をしようと思い試みました。店舗によってポイントが付いたり、2円引きになるエコバッグをいつでも携帯して買い物で活用する。野菜やお肉など購入する品によって、購入するお店を変える。調理の際に、茹でる物はできるだけ一緒に茹でてしまう。これらの節約術は、産後も継続できるものです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
買い物
節約

 

こんにちは。ママライターの西野ゆうです。第一子の妊娠は、何から何まで初めてのことだらけ。しかし出産後は、家族が増えるということで出費も増えていきます。私も、妊娠中にできるだけ節約をしようと決意しました。

 

今回は、私が第一子の妊娠中に試みた節約術をご紹介します。

 

購入するもので店舗を変える!

 

わが家の場合、近隣にスーパーがいくつかあります。ただ、最初のころは行くスーパーはいつも同じ。そんなときに、たまたまほかのスーパーに行ってみて衝撃を受けました。「ここはお肉が安い!」と。

 

ただ、お肉が安いスーパーは野菜の価格がイマイチだったため、その日から野菜はこっちのスーパー、お肉はこっちのスーパーといったように購入するお店をいくつも作りました。ポイントカードがあるとさらにお得です。ポイントが貯まると、購入価格から値引きができたりしますよ。

 

エコバッグはいつでも携帯!

 

今では多くのお店が、レジ袋を有料にしています。2円や3円とはいえ、払わなくていいのならそれに越したことはありません。エコバッグがあれば、この数円を払うこともなく、お店によって「2円引き」や「エコポイント」を付けてくれたりするのでお得なことばかりです。

 

また、エコバッグはスーパーのレジ袋よりも頑丈で、物によって肩にかけられるので重い物もとても持ちやすいですよ。


節約は調理のときにも!

 

買い物は、いちばん節約をしやすい場面かもしれません。私は買い物以外にも調理のときにも節約を心がけました。その中のひとつが、何かを茹でる際に時間が異なる物でも一緒に茹でてしまうというものです。それぞれの茹で時間に合わせて、お湯からあげればいいだけ!

 

一度に済ませることで、水道代・ガス代の節約だけではなく、沸騰するのを毎回待たなくていいので多少ですが時短にもなります。

 

 

わが家の節約術はいかがでしたか?ほんの些細なことですが積み重ねが大切です。いくつものスーパーを一度に回るのは、妊娠中だとさらに大変ですが、体調をみながら調整していました。これらの節約は産後でも継続できるものなので、ぜひいろいろと試してみてくださいね。(TEXT:ママライター西野ゆう)

 


  • 2
  • 1
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。