【体験談】下の子が上の子を叩く!どうしたらいいの?

2017/01/01 18:00
我が家の下の子は、赤ちゃんの頃からとっても激しい気性でした。小さい頃、上の子供と喧嘩をすれば、思いっきり叩いたり、髪の毛をひっぱったりして泣かす日々。毎日、どうしたらよいのか頭を悩ませていました。最初は中々治まりませんでしたが、言い聞かせを続けていくと、段々頻度が少なくなっていきました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
体験談
ほめ方・しかり方

 

こんにちは。ママライターの石原みどりです。子どもが数人いる場合、きょうだいゲンカはつきものですよね。わが家の場合、とくに下の子が2歳頃に上の子を叩いたり、髪の毛をひっぱったりして、とても頭を悩ませました。今回は、その体験談をお伝えいたします。

 

上の子にはむかう下の子

 

上の子どものときには心配しなかった、暴力的行動。下の子は赤ちゃんのころから気性が激しかったのですが、2歳くらいになってから上の子を叩いたり、髪の毛をひっぱったりするようになりました。

 

よくあるきょうだいゲンカでもあるのですが、上の子は我慢したり加減したりしますが、下の子はおもいっきりするため、上の子が泣かされる日々が続きました。

 

きょうだいゲンカが始まったら……

まずケンカが始まったら、ふたりを離すことから始めました。下の子に言い聞かせても最初はわかってもらえず、突発的に手が出ていたため、上の子を守ることが優先されました。

 

そして、わからないかもしれないけど何度も手を出してはいけないことを下の子に伝え、手やおしりを強めに叩いて、相手はもっと痛いのだと言って聞かせるようにしました。

 

今思えば……

 

2歳前後は毎日のように上の子に手を出すことがありましたが、そのうち段々と頻度が減っていきました。下の子も言葉がはっきりしてきて意思疎通もちゃんとできるようになってきたら、ぐんと頻度が少なくなった気がします。

 

魔の2歳児とよく言われますが、イヤイヤ期や自我が芽生えてくることが関係しているのかもしれないと感じました。

 

 

2歳頃のイヤイヤ期は、叩くなどの暴力的行為が出てきてしまう子どもも少なくないようです。だんだんと頻度は減ってくると思いますので、そのような場合は根気よく冷静に対応できたらいいですね。(TEXT:ママライター石原みどり)


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。