【出産体験談】「いきみ声」っているの?いらないの?私の実体験

2017/01/13 10:00
私はいざ出産となると、どこに力を入れていいのかわかりませんでした。それでも早く産みたい一心で自分に気合を入れるかのように「いきみ声」を出していました。しかし、出産時には「いきみ声」が必要ないと看護師さんに言われてしまいました。「いきみ声」を出すのをやめ、2回ほどいきんだあと、無事に出産することができました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産

 

こんにちは。ママライターの小室 忍です。テレビドラマなどの出産シーンを見ていると、出産時に「いきみ声」を出すシーンをよく見ます。私も出産を経験するまでは、「いきみ声」を出すのは普通のことなんだと思っていました。「いきみ声」を出すことで自分に気合を入れていた私の出産体験談をご紹介いたします。

 

出産前に指導を受けたはずだったのに

私が出産した産院では、すべて自分のタイミングで「いきむ」ように指導されていました。妊娠中に出産時の力の入れ方や体勢などの指導も受けましたが、実際の出産となると頭が真っ白でした。

 

陣痛中は激痛と「いきみ逃し」のために、声を押し殺していました。やっと分娩台に乗ったとき、出産に向けてのラストスパートで「いきむ」ことを許されました。

 

声を出せば気合が入る!?

「いきむ」ことを許された私は、とにかく「早く出産を終えたい」という一心でおなかとおしりに力を入れます。そのまま歯を喰いしばって呼吸を止めるのですが、そのときに「うー」と声をあげていました。

 

私の勝手な思い込みで、「いきみ声」を出した方が、力が入ると思っていたからです。それでも赤ちゃんはなかなか出てきてはくれなかったので、「いきみ声」はどんどん大きくなっていたと思います。


「いきみ声」はいらなかった?

 

すると、看護師さんに「声出さないでがまんしてね!力入らないよ!」と言われました。その後、「いきみ声」を出すのをやめ、2回ほどいきんだあと、無事に出産することができました。

 

思い返せば声を出してしまうと、腹圧が弱くなってしまい、力が抜けてしまうので、「いきみ声」を出さないようにした方が赤ちゃんが出てきやすくなると事前に指導を受けていました。2人目の出産は「いきみ声」を出さずに挑んだら、分娩台に乗って10分で出産することができました。

 

 

陣痛の痛みがピークになると、自然に声が出てしまうこともあります。声をがまんすることは大変ですが、分娩台に乗ったら赤ちゃんと会える瞬間まで、あともうすぐ!うまくできなくても、産院のスタッフがフォローしてくれます。これから出産という方は参考にしてくださいね。(TEXT:ママライター小室 忍)


  • 1
  • 3
  • 7
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。