クリスマスの飾りに!簡単でおしゃれな「スワッグ」って知ってる?

2016/12/23 13:00
スワッグとは、ドイツ語で壁飾りという意味です。リースと共にクリスマスの飾りとして、また魔除けや幸せを運ぶものとして飾られています。作り方はとっても簡単。枝をワイヤーや紐で結んで枝の形を整えて、クリスマスらしいカラーのリボンや飾りでデコレーションします。クリスマスが終わったらしめ縄や水引、赤と白の飾りに替えてお正月っぽくできます。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
クリスマス
お正月

 

 

こんにちは。ママライターの河村あんじです。「スワッグ」を知っていますか?クリスマスの飾りとして人気が出てきているようです。簡単なのに玄関に飾ったら可愛くてとってもおしゃれ。私は先日友だちに誘われて、スワッグ作りをしてきました。そこで今回は、おしゃれな飾り「スワッグ」をご紹介します。

 

おしゃれな「スワッグ」ってなに?

 

スワッグとは、ドイツ語で壁飾りという意味です。リースとともにクリスマスの飾りとして、また魔除けや幸せを運ぶものとして飾られています。

 

お好みの花や植物を束ねて作ります。壁に掛けられる形なら何でもOKで、ハーフムーンやブーメラン型などアレンジは無限です。生花からドライフラワーになるまでの過程も楽しめます。

 

作り方はとっても簡単

 

簡単に言うと、枝を結んで飾りをつけたら完成です。好きな植物を束ねて、ワイヤーや紐で結びます。バランスを見ながら、枝を切ったり、ボリュームを出したいところに足したりしていきます。

 

枝の形が整ったら、クリスマスらしいカラーのリボンや飾りでデコレーションしていきます。ワイヤーやグルーガンで飾りをつけたらあっという間にできあがりです。

 


クリスマスが終わったらお正月仕様に

 

スワッグは、つるして飾っているうちにドライフラワーになります。葉っぱが緑から茶色っぽくなっていく、その変化も楽しめるので、クリスマスが終わったら飾りをお正月仕様にチェンジ。

 

クリスマスカラーのリボンを外して、しめ縄や水引、赤と白の飾りを足せば、お正月っぽくなりますね。クリスマスからお正月まで1カ月ほど楽しめます。

 

 

スワッグは簡単に作れて、実際に飾ってみたらシンプルだった玄関が華やかに。定番のクリスマスツリーやリースの他に、新しい飾りを加えてみてはいかがでしょうか?(TEXT:ママライター河村あんじ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。