【向葵ちゃんは生後2カ月!】 赤ちゃんとママのリアル生活に密着!

2016/12/28 19:00
新企画!赤ちゃんの成長を追うリアルレポートです。前回1カ月だった赤ちゃんが、2カ月になりました。生活のリズムは変わる? ママの体調は? どんなことができるようになる?気になる疑問も助産師さんに答えてもらいました。ぜひ参考にしてください。

 

みなさん、こんにちは。赤ちゃん生活探検隊です。前回、生後1カ月の生活をご紹介した向葵ちゃんが、生後2カ月になりました!

生後1カ月の向葵ちゃんを見る 

赤ちゃんの成長は目覚しいですね。今回は、生後2カ月と6日の横関向葵(ひまり)ちゃんと、香ママ(34歳)の様子を、改めて取材してきました。

 

いろいろな表情が見られるように!

 

えーん、かまって〜!という表情の向葵ちゃん。と、思っていたら……。

 

 

 

すぐにニコニコに!

 

 

睡眠のリズムや授乳間隔などは、1カ月と比べて大きな変化はないものの、体重も増え、体格もしっかりとしてきた向葵ちゃん。たしかに、前回取材したときよりもお顔がふっくらしています。そして、ママが話しかけるとニコニコと笑ったり、そばを離れるとグズグズしたりなど、表情が豊かになっていることに驚きです!

 

香ママ「眠くてグズグズしているときに私が行くと、抱っこをしてもらえると思うのかグズグズがおさまらないのに、おねえちゃんがバウンサーをゆらゆらするとあきらめて寝るんです(笑)」

 

向葵ちゃんは、甘え上手!?

 

自分の手を見るしぐさをしたり、首も少しずつしっかりと

 

生後2カ月を過ぎて、いろいろな変化が見られる向葵ちゃん。自分の手をじっと見ていることもあれば、ときどき指をしゃぶっているときもあるそうです。うつぶせ寝をさせると顔をあげるときもあります。

 

 

たて抱っこをすると首がすわっている時間が増えてきたので、香ママも抱っこがだんだん楽になっているみたいですね。

 


外出も増えてきました!

 

買い物や上の子の習いごとの送り迎えなど、向葵ちゃんも外に出かける機会が増えてきました。グズったときなどは、やさしいお兄ちゃん、お姉ちゃんがあやしてくれるので、心強いそうです。

 

グズり対策のおしゃぶりは効果なし!

 

香ママ「チャイルドシートに乗せるとグズるので、何かいい方法はないかと思い、おしゃぶりを試してみました。でも、いやがって口から出してしまって、効果ありませんでした……。乳首の素材が嫌いなのかな? 車に吊るせるおもちゃをつけようか、考え中です」

 

お宮参りの写真を、写真スタジオで撮影♪

 

お宮参りの記念に、写真スタジオで撮影に行ってきたそうです。ちょうど起きているときに撮影できて、いい表情の写真が仕上がっていますね!

 

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんも撮影した、お宮参り記念の写真を向葵ちゃんも撮影。お兄ちゃん、お姉ちゃんもおめかしして、きょうだいショットもバッチリです。

 


初めての予防接種は4種類

 

生後2カ月目に入り、いよいよ予防接種がスタート。初めての予防接種はインフルエンザと小児用肺炎球菌、B型肝炎とロタウイルスの4種類。

 

向葵ちゃんは泣いてしまったそうで、気分を変えるために抱っこひもでゆらゆら。そのうちに寝てしまったそうです。ママもお疲れさまでした。

 

向葵ちゃんの1日の様子

05:00
06:00 おっぱい(15分)
07:00
08:00 起床・おっぱい(15分)
09:00
10:00
11:00 おっぱい(15分)
12:00 ねんね(60分)
13:00 おっぱい(15分)
14:00 
15:00 
16:00 おふろ・おっぱい(15分)
17:00 ねんね(60分)
18:00 
19:00 おっぱい(15分)
20:00
21:00 おっぱい(15分)・就寝
22:00 
23:00 
00:00 グズグズして添い乳
01:00
02:00 おっぱい(15分)
03:00
04:00 おっぱい(15分)

 


助産師さん教えて! 感染症の流行る時期。予防は?かかってしまったら?

 

上の子たちが通う小学校や幼稚園で胃腸炎が流行り、お兄ちゃんがかかってから、香ママもかかってしまったそう。

 

低月齢の赤ちゃんは病気にかかりにくいとも聞きますが、実際はどうなのでしょうか?香ママのお悩みに、クックパッドベビーでおなじみの助産師REIKOさんが答えてくれました。

 

香ママ:ノロウイルスなどの感染症に低月齢の赤ちゃんがかかってしまったとき、気をつけたいことを教えてください。

 

助産師REIKOさん:冬に流行する感染症のひとつが、ノロウイルスによる胃腸炎です。主な症状としては、激しい嘔吐と下痢。そのため、気を付けたいのが「脱水」です。吐いて1時間くらいは何も与えず、様子を見ましょう。吐かないようなら、経口補水液などを少量ずつ与えます。その後も吐かないようなら、おっぱいもOKです。嘔吐が続き、水分が取れないようであれば、早めに受診しましょう。

 

次に注意したいのが、感染拡大です。嘔吐物やおむつの処理は十分注意しておこないましょう。汚れた衣類やシーツ類は、次亜塩素酸ナトリウムの入った塩素系漂白剤につけたあと個別に洗濯しましょう。交換したおむつもビニール袋に入れ、しっかり口をしばって捨てましょう。処理の際は、なるべく、手袋、マスクなどを装着するのが望ましいです。

 

 

助産師さん教えて! 授乳の姿勢で気を付けることは?

 

香ママ:最近、肩が痛むようになりました。授乳するときの姿勢で気を付けたいことや、改善方法を教えてください。

 

REIKOさん:まず、授乳の時の姿勢を振り返ってみましょう。知らず知らずのうちに、前かがみの姿勢になっていませんか?授乳するときは、ママがゆったりとした姿勢でいることが大切です。

 

また、ママの乳首の正面に向葵ちゃんのお口がきていますか?香ママと向葵ちゃんが密着していますか?授乳姿勢を正すだけでも違うと思いますよ。また、肩や首、肩甲骨周りのストレッチやマッサージも効果的。育児中は、ゆっくりお風呂で温まって……というのは、難しいかもしれませんが、冷えにも注意してくださいね。


今役立っているグッズは「メリー」と「防寒ウエア」

 

だいぶ目でいろいろなものを追うようになってきて、まわりの様子を見ている向葵ちゃん。最近のお気に入りはベッドメリー。これはお姉ちゃんが赤ちゃんのときに使っていたものだとか。音楽が流れ、カラフルなおもちゃもたくさんついて、向葵ちゃんはごきげんです。

 

 

寒い季節のお出かけに欠かせないのが防寒ウエア。

 

香ママ「サイズが大きめだと抱っこするときに抱きづらいので、ジャストサイズの方がいいですね。あと、足もふたまたに分かれているウェアを着せると、抱きやすいです」

 

忙しいパパも休みの日は育児参加

 

仕事で忙しいパパ。なかなか向葵ちゃんの起きている時間に帰宅できないそうですが、休みの日などは抱っこしてあやしてくれるそう。ママが少しでもラクになるように、上の子たちを公園に連れ出すのもパパの役目。

 

 

赤ちゃんの表情からいろいろなことが読み取れるように

寝ていることが多く、表情もそれほど変化がない1カ月ころと比べ、笑ったりグズったりと、向葵ちゃんの気持ちがだんだんと出てくるようになってきました。笑ってくれるとママもたくさん話しかけたくなるようです。香ママも「うれしいの~?」「眠くなってきたかな?」と向葵ちゃんにいろいろな声かけをしていました。

 

「2カ月赤ちゃんのママ」は赤ちゃんの表情が豊かになってくるだけでなく、ママが育児に少しずつ慣れて落ち着いてくる時期かもしれません。とはいえ、赤ちゃんが大きくなって、抱っこで肩や腰に負担もかかります。香ママの様子を参考に、赤ちゃんとの生活を見直して、自分の体のケアも大切にしてくださいね。(TEXT:赤ちゃん生活探検隊)

 


  • 10
  • 8
  • 4
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。