【インフルエンザ・ノロウィルスの時期】赤ちゃんが体調不良のときの食事

2017/01/02 12:00
インフルエンザやノロウィルスが流行する時期に知っておきたい離乳食テクを教えます。赤ちゃんが病気のときにはどんなものを食べさせたらいいでしょうか?小児科などでは、消化のいいものを食べさせてくださいなどと言われることも多い体調不良のときの赤ちゃんの食事。まずは基本はおかゆ。そのほかやわらかく煮た野菜などもおすすめです。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。寒い日が続く冬。赤ちゃんが風邪をひくこともあるのではないかと思います。今日は赤ちゃんが体調不良のとき、何を食べたらいい?ということで、離乳食を用意するときのポイントをおりまぜてお話しますね。

 

赤ちゃんの表情や様子を観察しよう

赤ちゃんの体調不良時に、心がけてほしいことは「水分」です。こまめな水分補給を心がけましょう。赤ちゃんは、大人よりも体が小さいので、脱水症状になりやすいといわれています。ぐったりしているときなどは、迷わず病院に連れて行き、医師の指示に従いましょう。離乳食をはじめて間もない場合は、母乳やミルクだけでも大丈夫です。

 

離乳食を用意するときのポイント

ママ自身、熱などがあり体調不良のとき、どんな食べ物がほしくなりますか?もしかすると、食べたくなくなることもあるかもしれませんね。赤ちゃんも同じ気持ちかもしれません。

 

体の弱っているときは、胃にやさしい消化のいい食材、口当たり胃がなめらかな食材を用意するといいですね。逆に、繊維の多いものや脂肪分の多い食材は控えましょうね。赤ちゃんに食欲がなければ無理に食べさせる必要はありません。


 

病気のときのおすすめメニュー

赤ちゃんに食欲がある。または回復しはじめたときにおすすめなメニューです。病気によって食べられるもの食べられないものがある場合もありますので、医師と相談しながら与えるようにしてください。

 

おかゆ

シンプルにおかゆが食べやすいです。ふだん食べているおかゆより、少し水分が多いものを用意すると消化もよく食べやすいかもしれませんね。おかゆの中に野菜をいれて煮込んでもOKです。

 

うどん

クタクタにやわらかく煮たうどんもいいですね。具材は消化のいい野菜をメインに入れましょう。うどんと一緒にやわらかく煮ましょう。

 

野菜スープ

かぼちゃ、大根、にんじん、じゃがいもなど、消化のいい野菜を、やわらかく煮てスープにしましょう。食欲のないときは、離乳食初期を思いだして、裏ごししてスープ仕立てにすると、赤ちゃんも食べやすいですよ。

 

野菜煮

かぼちゃ、大根、にんじん、じゃがいもなど、消化のいい野菜をやわらかく煮ましょう。

 

果物

バナナ、りんごなどの果物。リンゴはすりおろしてあげると食べやすいです。

 

 

体調が回復して来たら、赤ちゃんの体調を見ながら、徐々に徐々に元の食事に戻してあげましょうね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。