赤ちゃんの手先の練習にも!現役ママ作・簡単おもちゃの作り方

2017/01/05 21:00
材料は、フェルト、フェルトの上につけるボタンや布、中に詰める綿や小さな鈴などを用意します。フェルトを好きな大きさに切ったら、周囲を縫い、5cmほど縫い口を残して、ひっくり返します。そこから綿や鈴、ビニールなどを詰めて、縫い口をふさげばベースは完成です。後はボタンやリボンなど好きなものを取り付けます。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
100均
おもちゃ
手作りグッズ

 

こんにちは。ママライターの窪田郁子です。子どもが3カ月になり、近所の支援センターへ遊びに行くようになりました。そこで保育士さん達の手作りのフェルトを使ったおもちゃや本に感激し、自分で作ってみることに!

 

裁縫が苦手な私でも作れる簡単なフェルトのおもちゃです。買ってきたものもいいですが、ママの手作りおもちゃで赤ちゃんがよろこぶととてもうれしいです。今回は、100均で簡単なフェルトを使って作る、手先の練習おもちゃを紹介します。

 

見た目も大事だけど、安全はもっと大事!

 

材料は、安くて安全なフェルトを使用します。そのほかにフェルトの上につけるボタンや布、中に詰める綿や小さな鈴などを用意します。赤ちゃんの目を引くような、カラフルなものを選ぶといいです。最近は100均にも売っています。

 

ただし、赤ちゃんが舐めたり飲み込んだりして大丈夫なものか、注意して選んでくださいね。とがったりしていて口を切りそうな物も気を付けたいところ。見た目も大事ですが、赤ちゃんの安全がいちばん大事です!

 

フェルトおもちゃの作り方

 

作り方は簡単です。まず、フェルトを好きな大きさに切ります。形は丸でもいいですが、縫い目を少しでも減らすため、私は四角にしました。周囲を縫い、5cmほど縫い口を残し、ひっくり返します。そこから綿や鈴、ビニールなどを詰めて、縫い口をふさげばベースは完成です。

 

あとは好きなものを取り付けます。ボタンは実際にとめられるように、ボタンホールのついた布を付けます。リボンを結べるようになるまでは、まだまだかかると思いますが、リボンは色や種類で手触りの違いを感じるよう、2種類取り付けました。


テーマは手先の練習になるおもちゃ

 

本当は布絵本のようにしたかったのですが、綿を詰めたら膨らんで絵本になりませんでした。そのため、一つひとつ単独のおもちゃにしました。目を引くカラフルな布ボールを付けたり、手先の練習になるようマジックテープやボタン、リボンなどを付けました。

 

 

”これらか覚える必要のあるおもちゃを”をテーマに6種類のおもちゃを制作。興味を引くよう、中に鈴やビニール袋を入れたので、音にも反応しているようです。工夫次第でいろいろなおもちゃが作れると思います。みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね。(TEXT:ママライター窪田郁子)

 


  • 1
  • 0
  • 4
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。