まるでここは昭和の日本!?モロッコの子どもの遊び

2017/01/03 22:00
私は現在モロッコで3歳になる娘を育てています。今回はモロッコの子どもたちの遊びの様子をお伝えします。モロッコにもおもちゃ屋はありますが、親があまり買い与えません。では、子どもたちは何をして遊んでいるのかというと、外でサッカーをしたり、女の子は友だちと座っておしゃべりをしたりしています。ちょうど、わたしが子どもだったときの昭和の風景のようです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
生活習慣
体験談
遊び

夕方になると集まるモロッコの人々

 

私は現在モロッコで3歳になる娘を育てています。今回はモロッコの子どもたちの遊びの様子をお伝えします。

 

わが家では、娘がほしいというおもちゃは大抵買い与えていたので、持っているおもちゃは少なくはなかったとは思います。モロッコへ移住する際、だいたい大きなトランク3個が娘のおもちゃだけで埋まりました。


それでも日本にいるころ、小さな子どものいる友だちの家に遊びにいくと、本当にたくさんのおもちゃがあり、まだまだうちのおもちゃ少ない!?と思ったものです。

 

モロッコではおもちゃは持たないのが普通!?

モロッコにもおもちゃ屋はあり、日本と同じくらい、もしくはそれより高い値段で売られています。モロッコ人の収入を考えると決して安くはありませんが、レゴや人形、台所セット、人形用のベビーカーなど、子どもたちがほしがるようなおもちゃは揃っています。


ところが、小さい子がいる家にいっても、おもちゃがある家はあまりありません。あっても1つか2つ。日本の子どもたちのように、ひと部屋がおもちゃで埋まるようなことはありません。娘の従姉妹が遊びに来ると、目を輝かせて娘のおもちゃで遊び始めるので、おもちゃが嫌いということではなく、親が買い与えないんですね。

 

モロッコの子どもたちは外で遊ぶ!

では、子どもたちは何をして遊んでいるのかというと、外でサッカーをしたり、女の子は友だちと座っておしゃべりをしたりしています。ちょうど、わたしが子どもだったときの昭和の風景のようです。


モロッコではランチの時間が遅く、13時過ぎから始まり、その後、お昼寝タイムがあります。お店もその間は閉まっていることが多く、ちょうど、子どもたちが学校へ行っている時間でもあるため、夕方16時くらいまでは外は閑散としています。
 

16時くらいから、人がわらわらと外にでてきて、子どもたちが外で遊び始め、子どもを見守る親で溢れかえります。


公園ではシャベルセットが人気!

モロッコの子どもたちの目が釘付けになる砂場セット

 

子ども用の公園の数はまだまだ少ないモロッコですが、都市部にはちょっとずつでき始めています。そんな中、モロッコへ移住した際に、持ってくればよかったと思ったのがシャベルセット。これがどこを探しても売っていないのです。持っている子もまったくといっていいほどいない!
 

そこで、日本へ帰国した際に、簡易のシャベルセットをモロッコへ持ち帰り、公園に持っていきました。娘が遊んでいると、わらわらわらわらと、子どもたちが集まってきて、みんながやりたがります。おもちゃ屋でも売ればとても儲かりそうですね。


 

日本から苦労しておもちゃをたくさん持ってきたものの、モロッコへ来てから、あまり娘はおもちゃで遊びません。最低限のおもちゃがあればいいのだと、モロッコへ来て改めて実感しました。(TEXT:ヒロコ ラメッシェ)


  • 2
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。