【出産祝い3選】わが家がもらってうれしかったもの&よく贈るもの

2017/01/07 12:00
何枚あっても助かるバスタオルやバスローブは必需品。そのため、出産祝いを贈るとき、相手側のリクエストがない場合はまず、バスタオルをファーストチョイスします。おむつケーキは、第二子誕生時、お祝いでいただき、とても嬉しかったのを覚えています。第二子以降の出産祝いを贈る際は、上の子にも一緒にプレゼントを贈るようにしています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
付き合い方

 

こんにちは。ママライターの東慶子です。家庭の状況や趣味もさまざまなため、何を贈ろうか悩む出産祝い。3人の子どもの出産でさまざまなお祝いをいただいた体験をもとに、私が出産祝いでいただいてうれしかったもの&よく贈っているものを3つご紹介します。

 

名入れだとさらにうれしい!バスタオル・バスローブ

 

何枚あっても助かるのがバスタオルです。子どもに湯冷めをさせないためにバスローブも必需品です。わが家もバスタオルやバスローブをいくつかいただきましたが、私はひとりで子どものお風呂を入れているということもあって、どれも活躍しています。

 

そのため、出産祝いを贈るとき、相手側のリクエストがない場合はまずバスタオルをファーストチョイスします。刺繍で名入れをしてくれる店舗もたくさん!名入れがあると特別感も増しますね。

 

おむつケーキ

 

見た目も華やかで、装飾に使われているおもちゃやタオルなども、おむつも使うことができる、実用的な出産祝いがおむつケーキです。わが家ではベビーグッズはある程度揃っている第二子誕生時にお祝いでいただき、とてもうれしかったのを覚えています。

 

しかし、おむつは衛生用品ということもあり、賛否が分かれるお祝い品でもあるようです。そのため、私は気心知れている相手にのみ贈るようにしています。


上の子がいる場合、上の子にもプレゼント

 

下の子が誕生すると、上の子は大なり小なりさみしい思いをするもの。そのため、私は第二子以降の出産祝いを贈る際は、上の子にも一緒にプレゼントを贈るようにしています。内容は予算に応じて変えています。

 

たとえば下の子にバスタオルを贈るときは、上の子にも同じバスタオルにするときもあれば、同じような種類のハンドタオルにするときもあります。そのほか、お菓子や文房具、絵本やおもちゃなど、ケースバイケースで選んでいます。

 

 

「大切なのはお祝いする気持ち!」といえども、やはり相手によりよろこんでもらえるものを贈りたいですよね。プレゼントにもいろいろな種類があって悩んでしまいますが、よりよいお祝いを贈れるといいですね。(TEXT:ママライター東慶子)


  • 4
  • 4
  • 5
  • 7

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。