【トイレトレーニング】どうする?おしっこは言えてもうんちは言えない子

2017/01/11 21:00
わが子が「うんち」と言えるようになったのは2歳後半です。わが子はうんちが出そうになったとき、カーテンの端をつかんでいきんでいました。その理由はカーテンの端をつかむことで力が入りやすく、いきみやすいからだったんです。便器両端に踏み台を置く、オマルから始めてみるなどの工夫により少しずつ「うんち」と言えるようになりました。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
トイレトレーニング
体験談

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。トイレトレーニングが進むなか、わが子は「おしっこ」は言えても「うんち」がなかなか言えませんでした。今回は、わが家で行った、うんちのおむつはずれ体験談をお伝えします。

 

うんちと言えるようになったのは2歳後半

 

わが子が「うんち」と言えるようになったのは2歳後半です。「やっとのことで言えるようになった」と、そう思っていたのですが、周りのママの話を聞いたところ、2歳後半~3歳前半で言えるようになった子どもが多かったんです。

 

そして「うんち」より「おしっこ」が先に言えるようになった子どもも多数。なかなか「うんち」と言えないわが子に悩んでいたのは、私だけではないと知ってホッとしました。

 

部屋の隅で「うんち」をする理由

 

わが子はうんちが出そうになったとき、決まって部屋の隅へ。そしてカーテンの端をつかんでいきみ始めていました。この行動の理由を考えて分かったことがあります。それはカーテンの端をつかむことで力が入りやすく、いきみやすいからだったんです。

 

そこでトイレでいきみやすい環境を作ることにしました。便器両端に踏み台を置く、おまるから始めてみるなどの工夫により、少しずつ「うんち」と言えるようになりました。

 

 


スムーズにうんちを出すために運動も必要

 

うんちをスムーズに出すために運動も必要だと感じています。体を動かすことで腸のぜん動運動が活発になるうえ、うんちを出すための腹筋も鍛えられます。

 

また、子どものうんちを観察することも大切です。かたいと出すのが大変で、やわらかいと漏らしやすくなりますからね。食生活にも気を配ることも「うんち」のおむつはずれで重要だと思いました。

 

 

「おしっこ」は言えても「うんち」と言えない理由があることを知ると、子どもの気持ちが分かる気がしました。トイレで足が床につかない状態だといきみにくいですよね。同じように悩んでいるママはぜひ試してみてください。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 1
  • 2
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。