【ママの体験談】生後1年、わが子の病院へ行く最多の理由は〇〇!

2017/01/18 19:00
子どもが生まれて1年間、うんちの色が変だと思って受診。5日間うんちが出ず受診。便秘対策の指導を受けて実践してもうんちが出ない日が続きました。ある日、うんちに血がついていて、慌てて病院へ。うんちが硬すぎて、切れ痔になっていました。初めての育児、うんち一つで大きな病気が潜んでいるかもと、心配になるものですよね。大げさぐらいでちょうどいいと思います。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
病院

 

こんにちは。ママライターの村上八重美です。わが子は生後1年間、病院へ行く最多の理由は「うんち」と言い切れるくらい、「うんち」に悩まされてきました。今も便秘気味で病院へ行くことが多いので、悩みは継続中ですが、とくに悩んだ生後1年の体験談をご紹介します。

 

新生児のうんちの色は要注意!

 

母子手帳にうんちの色見本が載ってるくらい、うんちの色は要注意と聞いていたので、私は毎回色見本とにらめっこして、おむつ替えをしていました。そんななか、生後15日に白っぽいうんちが。色見本によると腸重積の可能性もあるということで病院へ行きました。

 

診察の結果、腸重積の可能性はなし。しばらくは様子見とのこと。さらには次の日は緑色のうんちが出て、さらに私は青ざめました。ところがこちらは、空気を含んだときに出るとのことです。うんちの色にビクビクの新生児期でした。

 

5日もうんちが出ない!

 

うんちに一喜一憂しながら過ごし、生後3カ月を過ぎた辺りから、今度は毎日うんちが出なくなりました。新生児期を過ぎれば、うんちの回数も減ってくるとは聞いていたものの、5日も出ないなんておかしいと受診。小児科で浣腸しても、うんちのかたさは問題ありませんでした。

 

子どもによってうんちが出るサイクルは違うので、綿棒浣腸や足の運動などを家でやってくださいとの指導を受けるのみでした。少し突き放されたように言われ、病院へ行くのを躊躇するようになりました。


泣き叫びながらうんち!

 

毎日マッサージをするものの、出ない日が続きました。離乳食が始まった辺りからうんちが少しかたくなり、泣き叫びながらうんちをするように。それでも5日に一度は出ていたので、病院へ行くことを躊躇していました。

 

ところがある日、うんちに血がついていて、あわてて病院へ。うんちがかたすぎて、切れ痔になっていました。痛くて泣き叫んでいたのに私が病院へ行くことを躊躇したばかりに、わが子には本当に申し訳ないことをしました。

 

 

生後1年間、うんち関係でばかり病院に行っていたと主人は笑い話にしていますが、初めての育児、うんちに大きな病気のサインが潜んでいるかもと心配になるものですよね。私のように病院へ行くことを躊躇して、わが子につらい思いをさせるくらいなら、育児に慣れてくるまでは、ちょっと大げさぐらいでちょうどいいのかもしれませんね。(TEXT:ママライター村上八重美)


  • 4
  • 1
  • 1
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。